from Windy City

オレゴンから愛

昔、そんなタイトルのドラマがあった。私はこの手の海外を舞台にしたドラマが子供の頃大好きでよく見ていた覚えがある。多分、その影響もあったか今こうしてシカゴで生活しているような気もする。

さて、タイトルにしたのは前々から予定していた仲良しの友人の結婚式でこの週末、オレゴンへ行っていたからだ。実はオレゴンに行くのは初めて。結婚式のあったポートランドも当然初めて。週末だけだったので滞在が短かかったのが残念。彼女がそのままポートランドに住むのでまた訪ねることにしたい。

ぎりぎりまで例の大変なプロジェクトがあったので、なかなか飛行機のチケットもとれなかったのだが、最後の最後に取ったチケット、出発がなんと朝の5時。(金)の夜に食事会があるのでそれに間に合うように行くにはこの便が一番安かった。それにしても5時出発ということは、朝3時に起きて30分で用意して(当然シャワーは前夜に浴びておいた)出発というドタバタ。当然直行便なんていいものじゃあなかったので、遠回りにもアリゾナ州フェニックス経由となった。

無事に朝10頃(現地時間)には到着し、レンタカーを借りてダウンタウンにあるホテルに向かう。ポートランドはシカゴより遥かに運転がしやすいと感じた。空港からもさほど遠くなく、川を渡って川沿いにあるホテルに到着。直ぐに一緒の部屋に泊まる予定の友人Kが買物から戻って来た。このKとも10年来の友人。今回の花嫁であるSと3人でよく東京で遊んでいた。Kは6年程前に結婚して今では1児の母である。1日早く現地入りしていたが、東京から飛んで来て日曜にはまた東京へ戻り、1日置いて今度は2歳になる息子を連れて今度は一路フランスへ。フランスでも彼女が東京でルームメートだったアメリカ人の友人が結婚するので、Bride Maidの彼女はハードスケジュールにも関わらず、また旅路につくのである。

Sの旦那になるJとは今回が初対面である。Jはアメリカ人。私の周りには本当に国際結婚カップルが多いのだがまたこれで1組増えた。(金)の夜はいわゆるリハーサルディナー。本来ならば極々身近な親族と結婚式でMaid of HonorやBride Maideをする新婦側の人や同じく新郎側の人などが集まるのだが、今回は来週ハワイでもまた式をするのでカジュアルなディナーとなり、時間のある親族と友人参加のカジュアルなディナーとなった。Sとは約1年ぶりのご対面。電話ではしょっちゅう話しているけれど、やっぱり直接会えるのはいい。初めてあったJはなかなかのいい人。聞いていた通りの感じであった。

ディナーの席ではJ側の知人や親戚が小さい頃のエピソードを披露。その間、新郎新婦の席とまったく反対側に座っていた私とKとは「どうする?何か話す?」と言っていたけれど、恋多き女性であったSについては昔の男性の話し抜きに語れない部分が多すぎて(笑)、大半の話が「まずいんでない?」という結論に達した。Jのお母様もとてもいい人で、遠路駆けつけたKやまだ彼女がよく知らない新しい嫁を長く知る私にとても好意的に対してくれた。こんな素敵な義母を持てるSはラッキーだ。妊娠5ヶ月のS、この義母の近くにお家を買ったので孫の面倒は問題ないだろう。

結婚式当日の(土)は素晴らしい天気であった。出発前に見た天気予報でのポートランドの週末の天気は70度代にはなるが、毎日雨マークが付いていた。が、打って変わっての晴天。Sは昔から何から何へとラッキーなのである。結婚式のあるRose Gardenはポートランド市内にある大きな公園の中にあった。この他にもこの公園内には約40カ所以上の結婚式スポットがあるらしいのだが、特に他のグループは見かけなかったが観光客がわんさか。それにしてもシェイクスピアの作品から取って作られたというこのガーデンは本当に美しかった。

英語の先生であるJのお母様がシェイクスピアの『愛』に関する詩の朗読があったり、生の弦楽器の演奏がありと小さかったが洒落た落ち着いた式であった。式の後にはレセプションがこの公園内の別の所で行われた。こちらもまた来週にはハワイで別のパーディーを行うので規模的には比較的小さめなものであったが、ブッフェスタイルの美味しいランチであった。そして夜はまた一部の親族と友人とでホテル近くのシーフードレストランへ行った。リバーフロントのとても雰囲気のいいところで食事も美味しかった。私は日頃シカゴではなかなか堪能できない生ガキを食べちゃった。うまうま。デザートも甘さ控えめですっかり平らげてしまった。(3種類の小さいデザートの盛り合わせで、ブルーベリーのコブラー、チョコレートムース、そしてクリームブリュレ)

翌朝の日曜はまたホテルで昨夜のメンバーで朝食。その後、Kは急いで帰路へついた。私は夕方5時のフライトまでまだ時間があったのでポートランドのダウンタウンを散歩した。帰りの飛行機も行きと同じくフェニックス経由だったが、最終的にシカゴへ到着したのは朝の3時。なので今日は前持ってお休みを取っておいたのだ。

それにしても短い旅行でバタバタとした週末であったが、本当にいい結婚式であった。何より、紆余曲折でここまでたどり着いたSの幸せな顔を見れて本当に良かった。9月が予定ですでに男の子であることがわかっている。自分が片付いた(?)Sはおめでとうと言う為に電話を掛けて来たうちのDに「あなた達はいつ結婚するのよ!?私達子供が出来たりと予定立てるのが大変だから、結婚式でシカゴに行くんだったら早めに言ってよね」って畳掛けていた。(笑)持つべきはこういう強い友、だなと思った。

「S、幸せにね!」 オレゴンから愛、の巻きであった。
f0102814_12124451.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-05-23 12:04 | Events

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧