from Windy City

やっと見つけた!

気がつけば最後に書いた日から2週間程が経っていました。実はしばらく「引きこもり」状態、というか鬱状態に入っていた気がします。でももう大丈夫。ちょっと脱出出来そうな気配です。

さて、アメリカでの生活ではあまりお世話になりたくないけれど、知らないといざという時に困ってしまうのがお医者様。シカゴ生活もそれなりに長くなって来ているのでそれぞれの科のお医者様は今ではどの先生とも面識があり、安心してお訪ねできます。

ホームドクターにはちょっと家からは遠いのですが、Schambergにいらっしゃるノースウェスターン慶応病院の日本人(日系人なのかしら?)の先生。婦人科にはダウンタウンにあるノースウェスターン病院のアメリカ人の女医さん。彼女はもう人気の先生で少なくとも3ヶ月以上前でないと予約すら取れません。眼科はOak Parkにいるアメリカ人の先生。この先生とはまだ私がシカゴに引っ越してくる前からなのでかれこれ10年程の付き合い。姉の家族がOak Parkに住んでいたので日本から遊びにくる度にコンタクトレンズの処方箋の為に通い始めました。歯科は私の一番のお気に入りのユダヤ人のおじいちゃん先生。そもそもは私の旦那様Dの昔の彼女が通っていた所の先生(爆)で、それ以来Dが通っており、昨年突然歯が痛んだときから私もお世話になっています。とってもスイートな先生で帰りがけにほっぺに「チュっ」としてくれます。時々彼は一体私を何歳だと思ってるのか知りたくなりますが。。。

そしてお医者様の次に私がずーっと『掛かり付け』を探していたのが、「車の修理屋」さんでした。ここアメリカは当然車社会ですから、人間にお医者様が不可欠なのと同様に車のお医者様が不可欠です。でもって、ここはアメリカ、ボラれたりする修理屋がウジャウジャいます。独り身だった頃は、せめて男性を一緒に連れて行けばと義理の兄を持参(笑)させてもらってましたし、Dと付き合い出してからはもちろん彼を持参。私の頭の中には勝手な定義「男性=車の知識が私よりある=ぼったくられないだろう。。。」がありました。

特にDはアメリカ人なんで、外国人の私よりも騙されないだろう、とこれまた勝手に踏んでいましたが彼、私よりはマシな部類にしても決して詳しいというレベルではないので、ふっかけられていたのかは今だ不明。。。私の車は新車で購入したんで、定説通り日本車なので問題は殆どないのですが、時折起こった修理についてはいつもどこの修理屋に持って行くか悩み、結局はディーラーへ行く始末。(当然、正規のディーラーなので修理費は高め。)そして最近まで知らなかったのは(私、アホ過ぎる)同じ正規のディーラー同士でも価格に差がある。。。

と、そんなことを経つつも、今迄大きな修理必要なかったのでのほほんと構えていたら、暫く前に車の後ろのドア(SUV車なのでトランクではなくドア)が空かなくなってしまいました。以前にちょうどお友達が日本からやサウスキャロライナ州から遊びに来てくれた直前にそうなってしまい、「あ〜、肝心の荷物が入れられない」状態。

ディーラーに問い合わせると実際に見てみないと正確な事は言えないけど、だいたいでこれくらい。。。と聞いた見積もりに、ちょっとギョッとして(何せ今、無職ですから。。。)持って行く気を喪失。Dも仕事が忙しくって私の用事に付いていってられない状態だったんで、最後の手段、ウェブで近所の修理屋をサーチ。何てったって、車持って行って帰りにどうやって帰るのかを考えると、Dが彼の車で一緒にくっついて来てくれる訳ではないので近場を選ばなければならなかったので単純に郵便番号を基にサーチ。一番に引っかかって来たのは家から歩いて5分程の何度も前を通った事もある所。気になるレーティング(www.citysearch.comだと全米中の店、レストラン以外の店なども全てレーティングを伴って検索されます。)もなんとここシカゴではトップクラスではないですか。

恐る恐るも期待しつつ車を持って行くと、窓口のおじさん(どうやらオーナーらしい)も修理をしてくれる兄ちゃん達もみな親切。私の直前に来ていたお姉さん、サイドのドアが開かないと持って来たらお兄ちゃんちょちょいのちょいっと見て直して「これくらいじゃあ、お代は要らないよ!」って。もう私の期待は大。閉店時間ぎりぎりに行ったのでちょっと見て、お兄さん「残念ながら直ぐには直せないから明日朝一で戻って来て」と言われたけれど、何度も足を運ぶのも面倒だし朝一がきっと私の活動時間より早いだろうからと、完了次第電話してくれるとの約束をしてそのまま車を置き去りにすることに。

いつもの「アメリカ式」パターンだと連絡を依頼したにも関わらず、まったく連絡なしで結局自ら問い合わせするパターンになるのかなあと思いきや、翌朝、大体と言われていた時間よりも随分と前に「修理終わったからいつでも取りに来てね!」と爽やかに電話が。料金も前日の見積よりも安いし。そしてそれは当然ディーラーが提示していたものより破格に安い。もう大満足。こんな近くにこんないい修理屋があったとは。。。

そしてその数日後、この修理屋から「ありがとう」のレターまでがマグネットの店の広告と共に送られて来た。いつもならありがたくマグネットだけを取ってレターなんか読まないけれどなんとなく読んでみると、「私達の店では、1度いらっしゃったお客様から高額な仕事を取るよりも、長期にわたる良い関係を築いていつでも皆様に戻って来て頂けるような仕事をしたい思ってます。。。」と書いてある。これ、顧客サービスの基本のハズなんですが、この精神、アメリカのサービス業には残念ながら逸脱している観念なのですよー。

はい、私すっかりここを気に入ってみんなに紹介しまくりです。直ぐに自分の件で行ったDも大絶賛。自分の車のミラーをぶつけて壊した彼。今ガムテープで固定してますが、(爆)ミラーも割れてる事ですし、早い事取り替えろって私が薦めました。そしたらこの修理屋さん「いくらでもメーカーに注文してあげるんだけれど、それだとかなり高くつくからその前に、一度eBayとかのインターネットで中古のものとかを探してみれば?その方が断然安くなるよ。それゲットして持って来てくれれば、付け替えするからさっ」って言われたそうで。Dも「これは珍しいよ。。。」って驚いてました。(はい、ヨナヨナ私がミラーを探しております。)やっと見つけたよ、信頼出来る店!
[PR]



by mlshappy | 2006-10-27 23:38 | Chicago

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧