from Windy City

どうやら晴れ?

結婚式が近づいて来たので、このところはついついそのネタになってしまいます。。。

ウェディングの内容がほぼ決まってしまうと、後、気を揉むのは当日のお天気でしょうか?このところのホノルルはあまり良い天気ではないとホノルル在住のホノさんからも伺いちょっと心配。今夜、ウェディングコーディネーターのTerriから電話をもらったときもやっぱり最近はぐずついた日が多いと言っていました。で、ふたりでそうそうちょうど10日前だから10日間予報がちょうど出てるはず!とお互いに電話しながらウェブで天気をチェック。

そしたら何と、当日の予報は『晴れ時々曇り』ではないですか!ふ〜っ。明日からしばらくは晴れの日が続き、来週の木と金は雨か雨がぱらつく、となっています。お願い、神様!この雨が翌日にずれ込まず、金曜迄にしっかりと降らせて土曜日の当日はからからでお願いします。レセプションはホテルの室内なのですが、セレモニーはホテルのお庭なので雨が降っちゃうと困るのです。

さてアメリカではウェディングの際に花嫁は必ず、"Something Old, Something New, Something Borrowed, Something Blue"(何か古いもの、何か新しいもの、何か借りたもの、何か青いもの)を身につけると幸せになれると言う習わしがあります。これ、イギリスから来た習わしらしく、これらの4つのものにプラスして、6スペンス金貨を靴に入れておくというのが本来のものだったそうです。

『古いもの』は花嫁の家族と過去との継続を意味し、『新しいもの』は花嫁の目の前に開ける新しい生活に対する希望と楽観を意味します。『借りたもの』はたいてい幸せな結婚をしている友人か家族に借りたものを指し、結婚における幸運が新婦にももたらされるように願ったもので、また、物を借りる事で花嫁が友人や家族に依存できるのだと思い出させるということも意味するそうです。 『青いもの』については青が昔々からウェディングに使われている色だそうです。

私もこの習わしに従ってちゃんと揃えました。『古いもの』はパールのピアスとネックレスを。これは私の二十歳の成人を記念して両親がプレゼントしてくれたもの。よく付けているもので、何度かピアスをなくしてしまった事があるのですが、いつも必ず見つかるんですよ。そんな大切な大切なものです。『新しいもの』は勿論、ウェディングドレス。『借りたもの』と『青いもの』は1つで兼用なのですが、私の親友でもあるMaide of HonorのCaitlinからのガーターベルトです。ベルトに付いたリボンがブルーなんです。彼女は5年程前に日本人の旦那様と結婚して今は1女のママ、とっても幸せなカップルです。

とまあ、こういった習わしに従っています。この他にもウェディングには色々な習わしがありますよね。昨日も書いた、新郎がお式の前にウェディングドレスを着た新婦を見るとバッドラックだ、とか、ウェディングケーキの一番上の部分(または一部)を取っておいて、1年後の記念日に食べると更に夫婦円満に幸せになるとか。。。きりないですけど、ちょっと守っただけで幸せになれるという暗示に掛かれるのなら、いいかしらと片っ端から従っちゃってます。(笑)
[PR]



by mlshappy | 2007-01-11 23:09 | Wedding

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧