from Windy City

カテゴリ:未分類( 7 )




日本から

f0102814_226946.jpg
相変わらず変なお天気続きのシカゴです。天気のいい時を見計らってはロスコーと娘を連れてはガツガツお散歩に行ってます。

シカゴって大都市のわりに日本から遊びに来る人が少ないんですよね。。。お友達や親戚など、「アメリカに行く!」ってーとー、大体、ニューヨークやLAやサンフランシスコ。シカゴって今ひとつの人気。でも一度来た人には人気があって、「ニューヨークなんかより、街がキレイだし、分かり易い!」なんてよく言われます。

先日、嬉しいお客様がありました。とは言っても彼は遊びにきたのではなく、仕事出来たんですけどね。(笑)それでも嬉しぃ〜。7年振りくらいでしょうか。今回、シカゴに引越してくる前にあったきりでしたから。その間、彼も私も結婚しました。えっ、本当に友達で元彼とかではありません。(旦那は???って聞かれたけど、違うんだもん〜。)そして彼はその間に、ガンとの闘いもありました。でもこうして今は元気で仕事に飛び回っていて会えて本当に嬉しかったです。

初めてのシカゴということで、ディナーにはギリシャ料理を食べにグリークタウンへ。えっ?もっとシカゴらしく、ディープディッシュピザやリブなんかが良いのかもしれませんが、シカゴと言えばやっぱり多国籍料理が手軽に食せること、と言うことでグリークに決定。ご本人にも喜んで頂けました。旦那様Dとも初めての対面ながらも気が合ってくれてみたいで安心。仕事で忙しいけど、滞在中にもう1回会えるかな?今度は是非、同じ関西人の奥様も連れて来てね〜。

もう1つ、最近届いた日本からのもの。念願の「イチゴ潰し用スプーン&メロンやグレープフルーツ食べる用のギザギザスプーン」です。下らないものなんですけどね。だからいつも日本に帰国しても買ってくるの忘れるし、で随分と時間が掛かりました。父がわざわざおそうめんを送ってくれる(流石、孫のため!)と言うので、その箱に忍ばせてもらいました。新しい物にせず、いつも私が小さい頃、これを使って一緒に食べた祖父母の台所にあったものです。そう、これよこれ!アメリカに無い代物です。Dもこれ見て、「これ何に使うの?危ないスプーン。。。」って言ってたけど、これで私のおやつが潤います。

娘、8ヶ月半。まだハイハイしませんが寝返りして腹這いになって体を持ち上げてるので、そのうち進むでしょう。今はまだゆっくり前後でなく、円状に回ります。(笑)つかまり立ちもボチボチ。今とっても夢中なのは公園のブランコとロスコーの耳を引っ張る事。ロスコー、「忍」の字でいじられてもグッと耐えてます。(笑)そうそう上の歯も2本生えて来ていて私にとっても「忍」の字が強いられてます。(涙)
f0102814_2554116.jpg
f0102814_31318.jpg

[PR]



by mlshappy | 2010-05-16 03:07

助かります

f0102814_7285628.jpg
早いもので、娘が誕生してから丸1ヶ月が経ちました。娘も私も元気です。引き続きたくさんおっぱい飲んでたくさん眠ってくれてます。日中は起きてる事、泣いている時間が増えましたが夜は相変わらずまとまって眠ってくれるので、夫婦共に寝不足になる事も無く元気なんです。まぁ、旦那様Dにおいては自分じゃあ授乳出来ないから(完全に母乳だけなんで)夜中に起きても仕方がないだろうと、にくたらしいけど正当な言い訳をしてますが。。。(苦笑)とにかく3〜6時間程続けて眠ってくれるのは、何とも助かります。

日中もお散歩に出たり、車でお出掛けするとこれまたスヤスヤ眠ってくれるのですが、ずっとお家に居ると結構泣かれます。泣くとやっぱり困りますねぇ。おっぱいやってゲップをさせて眠ったかなぁ、とタイミングを見計らってバシネットに置いても5分程でまたグズグズ。オムツも替えても愚図っている時、そんな時の強い見方!「パシファイヤー!!!(おしゃぶり)」

おしゃぶりの使用については賛否両論かとは思いますが、私としては依存し過ぎにならなければ上手く活用出来ると思ってます。今使っているのは娘も私もお気に入りの一品。初代は出産した病院で頂いたものだったんですけど、ポロッと床に落とした途端、ロスコーにやられました。(爆)ロスコー、自分に新しいチューイングトーイをくれたと思ったみたいです。2代目を購入しました。どうやらこれ、アメリカの殆どの産科で使われているようで、評価も高い一品のようですが、私にはとっても可愛く見えます。 
f0102814_6242674.jpg
写真だと見難いですが、スマイリーの顔(2との穴が目、乳首部分が鼻、持つ所が口)になってるんですね〜。これを「ズビズビ〜」とくわえて満足そうな彼女を見てると母としては心が癒えてこちらの顔もスマイルになってしまいます。
f0102814_6265844.jpg
こちらはあわよくば、寝入った娘の口からパシファイヤーが落ちて来ないかと側で待機中のロスコー。(笑)抜かりありません。

今回の出産に当って役立った本をご紹介です。一体何を買ったらいいか全くわからなかった私にとってとっても助かりました。前の家のご近所さんが教えてくれました。何が必要なのかがわかるだけでなく、どこのメーカーのものが評価が高いとか(コンシューマーレポートのように)グレードがついてたり、これはみんな買ってるけどあまり必要ないとか、他のお母さんのアドバイスなどがわかり易く書かれてます。アメリカで出産育児をする方にはとても参考になるかと思いますよ。日本の方が色々と気の効いた赤ちゃんグッズが多い様な気もしますが、なかなか買って来るのも送ってもらうのも容易でないし、この先アメリカ生活が続くからここにあるものだけでどうにかやって行こう、という方、おススメ致します。"Baby Bargains" (8th editionが今の最新版) by Denise & Alan Fields
f0102814_72285.jpg

[PR]



by mlshappy | 2009-09-25 15:37

生まれました!

8月23日(日)午前10時13分、我家に娘が生まれました。
f0102814_13213558.jpg


そう、週末に赤ちゃん産んでたんです。(笑)土曜の夜、テレビでベアーズのプレシーズンゲームを観ていた頃からなーんとなく、いつもと違う感覚の腹痛があり、「もしかして。。。?」なんて思いつつ過ごしていました。真夜中になるちょっと前にロスコーのトイレに付き合って裏庭に出た時は、更に「もしかして。。。?」度が高まり、その後、シャワーを浴びて万一に備えます。午前1時頃には、更に確実さが増して来る中、出来るだけ眠ろうと就寝。それでもトイレに近いは、陣痛の痛みが感覚が空いているにしても来る中あまり眠れず。そして午前4時半にいわゆるお印と呼ばれるものが出現。それでも更に我慢。病院へ早く行き過ぎて追い返されるのは嫌ですからねぇ。

結局5時半頃には陣痛が5分間隔に近づいたため、旦那様Dも起こし、ロスコーにもトイレをさせたりと出発準備。6時過ぎには病院に到着。

そしてここで仰天。

そのまま病院に残るか自宅に帰されるか判断する診断で、な、なんと、突然、「逆子なんで、このまま直ぐに帝王切開します。」と言われたんです。

日本も多分同じだと思うんですけど、アメリカでは妊娠36週目で逆子か通常かをちゃんと確認するんです。そこで逆子と確認されたら動かせるものなら力任せに押して向きを修正したり、エクセサイズをして修正したり、修正出来る場合は前もってするんですよ。無理な場合は、その時点で帝王切開の日程を決めるんです。

私?36週目でも最後の検診となった出産日より4日前に行った際も、「問題な〜し」の自然分娩予定だったんです。なのに一体、最後の4日間になにが起こったのか知りませんが、最後の最後に冷たい宣告を受け、心の準備もないまま、Dと呆然としつつも全てが進んで行きました。

OBトリアージ(最初の確認の検診をするところ)から麻酔室へ血液検査を経て直行。その間も陣痛の痛みは感覚は短くなり強くなる一方。脊髄に麻酔をするための局部を麻酔します。もうこの時点で完全に怯え切っている私。今更引き下がれない、逃げられないと判りつつもまだどうにかならないかと考えてしまう私。(苦笑)少しでも緊張をほぐそうとするD、そんな彼の方が「ヤバい。。。」と怯えているのが私には手に取るように判ってしまいます。(苦笑)

そこからも息付く間もなく手術室へ。執刀医やら麻酔医師、インターンの学生やらが次々に挨拶に来るも、そんな会話に余裕なんて出ず、引きつっている自分が判ります。そして下半身麻酔が恐ろしい早さで効いてくると同時に帝王切開がスタート。下半身麻酔だから自分の意識はバッチリ、医師やら看護婦さん達の会話が全て耳に入ります。インターンに説明する先生の一言が今もクリアーに耳に残っている。。。「ここは○○」「そこは××」、「おお、これはきれいな筋肉(マッスル)だぁ」って。はい、筋肉を褒められてました。(爆)

下半身は麻酔で全く感覚ないですが、上半身は動いちゃいけないので腕を手術台に縛り付けられるんです。これが更に恐怖心をあおるんですけどねぇ。同伴したD、看護婦さんに万一、気分が悪くなったら手遅れになる前に退室するように言われます。怯える私を必死にねぎらい元気付けてくれます。カーテンで切開の場面は直視出来ないものの、やっぱり見えるモノもあったり、洋服の上に着させられた緑の手術着とマスクで苦しいは、麻酔の副作用で寒く感じ、また恐怖で全身が震えまくる私の為に部屋の温度も揚げられており、途中でDはリタイア。それまではかなり頑張ってくれてたんですけどね。やっぱりダメでした。(爆)「置いてかないで。。。」「わ、私も出て行きたい」と心の中で叫びつつ、「私は大丈夫。ちゃんと産むから心配しないで待っててね」と強がりを言ってみる。そしてその数分後にはもう産声を聞く事が出来ました。

誕生の際にはDもまた直ぐ横の部屋に戻って来ており産声第一声を聞く事が出来ました。その後、赤ちゃんとDは横の部屋、私は引き続き残りの作業を施してもらい、午前11時には手術室を後にし、病室へと移動。麻酔のため、赤ちゃんをなかなか抱かしてもらえず、悲しい思いでしたが、看護婦さんにきれいにして頂いた後はDに抱かれる娘をベットからみつめます。「これがこれから長ーいお付き合いになる娘との対面」でした。感動に浸る旦那様Dと一緒に新しく誕生した娘とこれからの幸せを共に祈りました。

自然分娩だと基本的には約24時間で自宅に返されるアメリカ。帝王切開だとちょっとばかし延びて経過が順調であれば3泊4日で退院させられます。日本だとどっちにしろ、1週間でしょ?それに比べると早い早い。入院中はとっても親切な看護婦さん達が本当に色々よくして下さいました。仲好しのお友達もお見舞いに来てくれて嬉しかったぁ。麻酔が完全に切れるまでにかなり時間は掛かるし、副作用でかなり気分が悪くなり、出産の翌日もなかなか普通の食事に戻れませんでした。が、赤ちゃんは順調。すこぶる順調!嬉しい限りです。

そして本日、切開の傷口の痛みはまだまだあるものの、無事退院して赤ちゃんと一緒に自宅に戻って来ました。やっぱりお家はいいですねぇ。まだ最低でも1週間は絶対安静を言い渡されてますが、ゆっくりさせてもらいつつも、やっぱり赤ちゃんの世話があります。よく寝てよく食べてもくれるのでかなり手が掛からず助かってますけどね。ロスコーは明日までペットホテルです。既に、娘の臭いのついたブランケットを匂わせてあり、彼女の新しい存在を認識させてあります。そして明日、ドキドキのご対面を果たします。ここで家族との上下関係が正確にロスコーに認識させるため赤ちゃんが家に先に居る状態で彼を連れて帰ってくるのです。予め、ブランケットで臭いで面識も出来てますからね。後は、嬉し過ぎて飛び付いたりしないよう教える必要があります。

これからまた育児で忙しくなるかと思いますが、また時間のある時に赤ちゃんの経過なども報告したいと思います。授乳用に用意したイスですが、何故かロスコーは彼専用イスと勘違いしてます。(笑)
f0102814_1322770.jpg

[PR]



by mlshappy | 2009-08-26 22:29

秋らしい日

何だか今日は昨日迄の温かさとは打って変わっての涼しい、とっても秋らしい日となりました。こういう日、好きだなぁ。仕事の途中も裏庭に出ては束の間の日向ボッコを楽しみました。

と言うのも、今、社内で臨時に手伝っている仕事が暗礁に乗り上げちゃってるんですよ〜。もう今日は一日(っつぅか、昨日もだからここ二日間)訳のわからない事をやらされた上、私のやり方が悪くって上手く行かないのか、プロダクト自体に問題があるのか分からず、悶々としちゃいました。結局はプロダクトが悪かったんですけどね。途中、もう投げ出したくってイライラして、外にでて気分転換するしかなかったぐらいでした。

さてさて、ここ2日程、「お腹空いてるのに、自分が食べたい物がわからない。何を食べても満足出来ない」状態に陥ってしまってます。この状態って変ですよねぇ?これ特にランチにかんじるんですけど、ほんと、お腹が空いて何か食べたいんだけど、考えても考えても食べたいものが浮かばない!冷蔵庫やパントリー(食料庫棚)とにらめっこしても、見つからず。。。昨日は無理矢理、あるものを食べたけど今日なんかどれも嫌で結局食べずじまい。家に無いなら外に買いに行こうとも思ったけど、とにかく「食べたい物」がないんです。

うーん、何なんでしょうかねぇ。明日はちゃんと食べたいものが見つかるといいんですけど。。。

一応、そんな気分でもちゃんと夕食は作ってますぅ。(笑)カメラのケーブルが見つからないんで、撮った写真が載せれない。。。昨日は冷凍庫にあったポークリブを解凍してマーマレード、お醤油、オイスターソースに漬込んだスペアリブ。そして今日は冷蔵庫にあった薄切りのお肉を使ってビーフカツレツを作りました。サイドにはライマビーンズ(Lima Beans)でマッシュドビーンズと旦那様Dが大好きなエッグヌードルにマッシュルームのソースを添えました。

食後も腹ごなしにこんな気持ちの良い夜はやっぱりお散歩ですね。我家はお散歩によく行きます。今夜も1時間ちょっと程近所をウロウロ。途中、薬局によってお店の端から端までを物色。2人でハロウィーン用のかぶり物かぶり合いしたり、雑誌物色したり、色々。(笑)パジャマのパンツ(多分、ユニセックス用)が$5.99を発見。何故か薬局でお揃いで色違いのパンツを購入。何してるんでしょうねぇ、この2人。。。(笑)

帰り道、近所の消防署の隊員のおじさん達と立ち話したり、同じビルに住む上の階の夫婦が犬の散歩してるのと鉢合わせて一緒に歩いて帰って来ました。こんな普通の夜、大した事ない時間がいいですね。
[PR]



by mlshappy | 2007-09-26 23:58

嵐の後の静けさ

怒濤のような10日間が過ぎ去りました。今朝、遊びに来ていた甥と姪が日本へと帰って行きました。オヘア空港まで旦那様Dと見送りに行き、ずっと手を振りながらゲートへと消えて行く2人の姿を見送っているとやっぱり涙が込み上げて来ました。

私と彼等の母である姉とは姉が結婚して家を出た後も、色々な縁があり近くで住むことが頻繁にありました。そしてここシカゴでも合計で3年程一緒に居た(家は別ですけど)ことがあります。海外に居て、兄弟や姉妹が近くに住むことってなかなか無いので本当にラッキーでした。特にうちは、姉妹とっても仲良しなんでっ。

2年近く前に姉家族が日本へ帰国して行った時は本当に辛かった。。。そして赤ちゃんのときから長く時間を過ごしている甥や姪はやはり可愛くて仕方がないのです。(勿論、時々子憎たらしく思えますけどね。笑)

なんだか今夜のディナーもDと2人、とっても静かなんで更に2人とも無口になり、「なんだか寂しいね。。。」って話したりしています。今年の秋、10月頃には2年半ぶりに日本に一時帰国する予定です。その時には日本に居る姉とその家族(今回来た、甥と姪や来れなかった一番チビの甥)にまた会えるので、今からそれがとっても楽しみです。

日々の生活を過ごしていると、忙しさのお陰で家族と離れて異国に一人住む寂しさを忘れがちですが、たまにこうしてフッとそのことを思い出すと無性に寂しくなってしまいます。でも大切な旦那様も居てくれるので、また元気に頑張って行かなくっちゃ、って思っています。

そうそう、また明日から出張でフィラデルフィアです。もういい加減、出張のことばかり書かなくてもいい位、頻繁になってしまいました。(苦笑)
[PR]



by mlshappy | 2007-08-20 20:23

なかなか取れません

f0102814_10533174.jpg

なかなか『とれない!』のは家庭菜園のお野菜達ではありませんよ〜。(そっちは『採れない』ですよねぇ。)この『取れない』のはこのところのお医者様の予約です。3月中旬から新しい会社で仕事を始めたのと共に、新しい医療保険にも入りました。ちょうど仕事のリズムも掴めて来たので、周囲にバレず且つ休日を取らずに平日にお医者様に行くタイミングも掴めるようになりました。(爆)

今回はいつも1年に1度必ず行く、眼科と婦人科です。眼科ではもうそろそろ期限が切れてしまう、使い捨てコンタクトの処方箋を新たに貰わなくては、と言うのが目的。今迄は10年来オークパークにあるお医者様のところにいってました。今の会社では眼科系の保険も別途あるんですよ。前職ではなかったんですけどね。日本に居る時も姉がオークパークに住んでいたので、訪ねて来る度にこのお医者様に診て頂いて処方箋頂いてコンタクトを注文していました。

これからも引き続きお願いしたいような先生だったんですけれど、この為だけにわざわざオークパークまで(車で約45分位)行くのはなぁ、と思い、近所、それも斜め向かいくらいににある私の保険でカバーしてもらえる所を発見。電話したらなんと1ヶ月先まで予約が一杯だそうで。泣く泣く、1ヶ月先でお願いしました。どうにか、コンタクトはそれまで持ちそうなのでとりあえず、問題無し。

そして婦人科の先生。こちらは今回シカゴに引越して来た4年前から通っているダウンタウンのノースウェスタン大学病院の先生です。彼女は本当に奇麗な先生なんです。奇麗で且つ聡明で素敵なお医者様、「この先生に是非見て頂きたい!」という女性患者さんがとっても多いんです。私のお友達も数名紹介しましたが、みんなこの先生のリピーターです。そんな超人気者の先生、予約を取るのは一苦労なんです。

今迄は大体、電話をした時点から約3ヶ月先近くしか予約が出来ないので、その辺を考慮して予約をしてました。婦人科のアニュアルチェックアップ(1年毎の検診)なので毎年同じ時期なので、それを念頭に3〜4ヶ月前に電話をしてたんです。

が。。。先週、眼科の予約の後、そうそうこっちもだ、って連絡したら何と、「6ヶ月先の1月頃迄一杯です」だと。おおっ。そんなぁ。。。先生、人気あり過ぎですよっ。

ちょっと呆然としてしまい、どうしようかやっとのことで思考を働かせ始めた矢先、電話の向こうのお姉さん、「ちょっと待って、あなたものすご〜くラッキーよ。今しがた、他の人が今週の金曜日(電話の時点から3日後)の朝10:30をキャンセルしたわよ。そこに予約したい?」 当たり前、「したい!したい!したい!今直ぐそこに私の名前をかきこんで頂戴!!!」と叫んじゃいました。(笑)無事、先週の金曜に久々に先生にお目に掛かって来ました。いつも通り、お美しい。。。

いや〜、それにしてもお医者様達の予約取れませんね。困ります。日本だと救急病院でなくとも、急に見て頂きたい時(風邪で調子がとっても悪くなったり、突然の歯痛に見舞われたり、など)に病院に行ってもどうにか診て頂けますよねぇ?でもこっちは容赦なく、「はい、じゃあ予約をして下さいね」と言われ、往々にして数日先まで予約が取れない。これにはいつまで経っても困ってしまいます。それにしても半年先とは。。。先生に「何か気になる事とかない?」って聞かれた時、「先生の予約が取れ難いんですけど。。。」って訴えておきました。(意味ないですがっ)

さて本日のディナーです。お家でタパス!がテーマ。って程じゃないですけど、明日はジムはお休みする日(自分の中で勝手に決めてる中日なだけです)だし、特に外出よていもないので、私の大好きなタパスのメニューである、「ガーリックポテトサラダ」を作ったんです。ガーリックたっぷり利かせました。これで「外出禁止」です。これだけではタパスにはならないので、飲み物には飲み残しのあった赤ワインを使ってサングリアです。夏らしく美味しいですね。

本当はこれにスパニッシュオムレツかパエリアなんぞ作るといいんですけど、今、旦那様Dがまたまた旅行中(そう、またなんです。放浪癖が出てて。。。涙)なので、そこまで品数揃える必要なし、ちゅーことでこれだけです。(爆)ポテトにガーリックと、本当やばいですね〜。今後、2〜3日は外界の人とは接触禁止です。こんな理由で、『プチ 引き蘢り』のスタートです。(笑)

そうそう、放浪中のDの代わりに今、上の階の住人さんところの猫をお預かり中です。犬派な私ですが、猫もそれほど悪くないかなぁ、と思ったりしてます。
f0102814_10555637.jpg

[PR]



by mlshappy | 2007-07-23 20:19

大学時代の懐かしい人達と

f0102814_14595494.jpg

仕事再開するまでにやっつけてしまいたい事を片っ端から片付けているのでなんだか忙しい今日この頃です。ソーシャルセキュリティーの名前を変更したのに伴って色々と変更手続きしないといけないものがあったんですけど、やっと全て完了。これでちょっとは旦那の名字に慣れたかしら。。。

そのやっつけ仕事の中の一つにセントルイスに住む、大学時代からの親友アンジーに会いに行く、と言うのがありました。彼女、去年のサンクスギビングの直前に第2子を出産し、その後まだ幼い上の子供の面倒やら仕事のことなどで最近ちょっと元気がなかったんです。私の結婚式にも来れなかった事がとても心残りらしく、未だに謝ってるし。仕事がまた始まるとなかなか近いと言えども遊びに行けないので、この週末を利用して訪ねる事にしました。

あっ、デジカメを忘れたんです。バッテリーのチャージしたまま、まんまと出発してしまいました。。。あほっ。。。

金曜の午前中にシカゴを出発し、日曜のお昼過ぎに帰路につきました。1人で車で運転して来ました。シカゴ〜セントルイス間って、もう大学時代から(大学はセントルイスだったんで)何度も往復している経路なので、約5時間の運転ですけど一人でも全く平気です。途中、のどかな風景が続き、ラジオもメジャーなものが途中途切れてしまうくらいなので、お気に入りのCDをどっさり準備さえしておけば問題なしです。1度の給油&飲み物調達で楽々到着です。

彼女のお家に向かう途中、卒業した大学の近くを通ったのでちょっと寄ってみました。余り変わってない。。。金曜の夕方近かったので、寮の周りの車も少なかったです。大学から更に45分程車を走らせ彼女のお家に到着。ここは2度目の訪問。久し振りに見る彼女、思ったよりも元気そうで安心。そして彼女の2人の子供達とも初のご対面!お兄ちゃんの方もまだ1歳半と小さいんです。お母さんがまだ生まれて4ヶ月も経たない妹に手を取られているのがやっぱり気に入らなそうです。

子供達そっちのけで積もる話で盛上がります。もう15年来の友人ですから、本当に話は尽きません。夕食はアンジーの旦那様アンディーと彼のご両親達と一緒に。前にも一度会った事があるのでもう慣れたもの。「旦那は?(Dの事)どうして一緒に来なかったの?」って残念がられました。何故か、前回Dを連れて行った時に、Dとアンディーのお兄ちゃん達がすんごい意気投合したもので、それ以来このファミリーの中では私達の事が時々話題に昇るようになったらしいんですよ。

土曜はゆっくりめに起きてブランチ。その後、大学時代のまた別の友達夫婦に会いにまたセントルイス市内へ。このご夫婦、奥様は日本人、旦那様はアメリカ人なんですけど、2人とも同じ大学で、元々私は旦那の方と仲良かったんです。で、その後、留学して来た今の奥さんと彼がお付き合いし出して。。。という、こちらも長い長いお付き合いの友人達です。彼等の所も去年の夏に女の子が生まれているので、その赤ちゃんとのご対面です。勿論、奥さんとも親しかったので色々話をしたけれど、やっぱり旦那の方と昔一緒にアホな事をして遊んでた話でかなり盛上がりました。

そして夜、またアンジーの所へ戻る前に、もう1人の親友(私の結婚式でMaid of Honorをしてくれたケイトレンです)の実家にもちょっと寄りました。もちろん彼女はシアトルに住んでいて、今、実家に戻って来ている訳ではないけれど、久し振りに彼女の両親と会って来ました。この両親は大学在学時代からとても親しく、卒業後も何度も遊びに行っているし(ケイトレンが居なくても)、日本にも遊びにきてくれたことがあります。結婚式の写真を見てもらい、またまた昔話に花が咲きました。

昨夜はまたまた深夜までアンジーとおしゃべり。子育てって大変、と痛感。アンジーもケイトレンも子育てしながら母として頑張っているので、それを見て私も頑張らないと、と背中を押された気分です。ま、私達は子供はちょっと先の事だろうけれど、仕事に復帰してもお家の事を疎かにする事なくやって行かねば。

今回、アンジーへのお土産に自分で焼いた食器を持参しました。結構気に入ってもらえたようです。「使ってね〜」って言ってるのに、「そんな〜、勿体ないから飾っとくわ〜」って飾り戸棚に並べてくれちゃいました。(汗)もっと上手になって、もっといい作品を次回持参しないとね。

最近、写真を載っけてないので久々の食べ物写真です。いつものBanana Nuts Breadと先日久々に作った、イカと里芋の煮物です。こちらの食器も自作です。
f0102814_1554133.jpg
f0102814_156347.jpg

[PR]



by mlshappy | 2007-03-11 23:14

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧