from Windy City

カテゴリ:Work( 15 )




郊外通勤

ブログを書くのが久しぶりとなってしまった。週末はかなり盛りだくさんに予定を入れて遊んでいたので、すっかり書く時間がなくなってしまった。週明けには是非書こうと思っていたのに、またまた仕事にハマってしまった。(汗)

金曜の夜にプロジェクトのアサインメントを取り仕切るコーディネーターからメールがあったのだが、ご存知の通り、あの日はすっかりCinco de mayo気分で、4時頃にはとっとと退社していたので全然気づかず。(恥)日曜の夕方遅くからテニスをしていた所へ電話が掛かって来た。「メール読んだ?」って。は、は、は、もちろん読んでない。週末にはよっぽどやり残して(月)までにやらないと行けない仕事がない限り、仕事もしなけりゃメールも開かない私。。。

「明日から2週間、クライアント先に行ってちょうだい。。。」と言われた。今、某保険会社への提案書を作っており、(火)にはそのプレゼンがあるというのに、そっちの方が重要らしい。プレゼンは他の人に任せてそのクライアントへ行けってことは、よっぽどそのプロジェクトヤバい状態?などと妙に勘ぐっていたけれど、図星でないにしてもかなり強行突破なタスクが与えられてしまった。。。

クライアントはOak Brookeに本社がある某ハードウェアストア。なーんて言うと殆どバレバレの気もするが。。。シカゴ市内の私の所からだとOak Brookeに行くには90/94、そこから290に乗り換え、更に88に乗り換えて行く事になり約1時間は掛かってしまう。8時頃にはクライアントも出社して来るので私も8時前には出社しないと行けない。(もっとゆっくりにしてくれ〜)ちょうどハイウェイが混む時間を避けて行かないといけないので、色々考慮して自宅を6時45分頃には出ている。本日3日目だが、すでにへたれ状態。後、今週2日。来週の1週間果たして持つのだろうか?夜も9時頃までオフィスにいる。やっぱりこのプロジェクト、大変じゃない?!

それにしても290から88へ乗ったとたん、殆どの車がかなりガンガンにスピード上げていて私は冷や汗状態。70マイル位は当然のようにみんなカッ飛んでいるような気がするが。。。なんともシカゴの車通勤はストレスの溜まる仕事だ。
[PR]



by mlshappy | 2006-05-11 13:03 | Work

強行突破スケジュール

さて、やっとのことでトレーニング第1日目が終了。今回のトレーニングの内容とは「コンサルティング⋅スキル」というもの。この道で何年もやっている私にとっては新しい事でもなんでもなくて、日常やっていることの総集編のようなものだけれど、色々と思い出させられる内容も多い。プラス、最近入社した人も多いので日頃の実体験をシェアすることが期待される。

それにしても、今更だがこういうのは本当に苦手。。。普段の生活で英語に困る事は殆どないのだが、やはり人前でプレゼンテーションをしたりミーティングのファシリテーション(仕切り)をするのはかなり疲れる。今日は朝8時にスタートして夜7時半に終了。その間にレクチャーから実際にグループに別れていくつかのケーススタディーをこなす。そしてその殆どがケーススタディーの内容と結果を他のチームにレポートするためプレゼンテーションをしなければならない。

実際にクライアントの前ではなく、トレーニングという疑似体験(失敗をしても大丈夫な貴重な場)を通して自分のスキルを磨くのだが、こればっかりはお恥ずかしい話、何年やっても完璧にはならない。。。ここはアメリカ、ポジティブにお褒めのコメントも頂くが、更にスキルを磨く為の建設的且つ批判的コメントもそれ以上に執拗に浴びせられる。カルチャー的な違いはなかなか抜けきれるものではなく、慣れない。。。既に自分の弱点を自分で一番理解しているのでそれに面と向かって対処するのは難しいけれど、頑張らなくてはね。でないといつまでたっても弱点のまま。。。

と、今日はまた明日第2日目の為鋭気を養うため、早く床に付く事にしよう。。。
[PR]



by mlshappy | 2006-04-25 12:30 | Work

ダラスは暑いよ

明日から会社のトレーニングということで今日、日曜の夕方からダラスへやって来ました。空港をでるといきなり、熱風。。。暑いし湿気が結構高いよう。ついついこの前までは寒い寒いとシカゴでぼやいていたのに、こうして暑い所に来るとそれはそれで文句が出てしまう。いかん!

仕事柄、出張が多いのだが飛行機を利用する回数が多い分、色々なハプニングに見舞われることもたたある。一番恐ろしい目に会ったのは、そうそう、あれはダラスからシカゴへ帰る便だったが横に座ったおじさん、離陸前からちょっと行動が妙だったんだけれどここアメリカ、ちょっとやそっと変でも「おかしい」部類に入らないからさりげなく見て見ぬふりだった。そしたら何と離陸直前にパニックアタックを起こし、大声で叫ぶは私の腕やら肩をつかまれるやら激しく揺すられるで殺されるかと思った。乗務員は離陸体制に入って席から立てないし、多分離陸の騒音で多分、気づいてすらいない。周囲の人も動けないのでとりあえず、私の反対隣の女性と私の2人でなだめ、落ち着かそうとした。その後、やっと乗務員が駆けつけるまでずっとおじさんの手を握らせられ、「大丈夫よ!」とか「絶対に安全で落ちたりしないから」となだめたり。おじさんの気をそらせようと、全く関係ない話したりともう大変。他の席におじさんだけ移す訳にも行かず、乗務員も付きっきりになれず、最終的にパーサーのおばさんにずっとおじさんの世話をしてくれと頼まれる始末。あれは結構、辛かった。。。(汗)

たまには素敵な人が隣に座ってくれると何かとつまらない飛行機もちょっとは潤うのですが。。。そう、これは私に起こった事ではないですが、会社の同僚で飛行機内で知り会った人と結婚したそう。彼女は普通席に座っていたのだけれど、ゲートにいた時から「いいなあー」と目をつけていた男性がファーストクラスに座っていた。で、彼女は乗務員に頼んで(多分、お金をちゃんと払ったんだと思うんだけど)その男性に彼女からということで飲み物を持って行ってもらったそうで、それ以来、デートするようになったそうな。

今日の出来事は、これも初めてではなかったのだが、乗客の一人が具合が悪くなったため機内アナウンスでお医者さまか看護婦さんを探し始めた。運良く、ファーストクラスにお医者さまが!(さすが、お医者さま、ファーストクラスに乗ってらっしゃる♪)彼はアナウンスを聞くや否や、さっと乗務員に手を上げ「僕はドクターだけれど、具合の悪い人はどこだね?」ってな感じでした。格好良かった!って、別に若い素敵なドクターではないけど、こんなところでこんな風に人助けが出来る人って、素敵!だなって。

結局この気分が悪くなったのは初老のおばあちゃん、原因はわからないけれど、最後にドクターが席に戻って来て乗務員とおしゃべりしているのを遠回しに耳にした所によると、おばあちゃんは脱水症状を起こしているものの、大丈夫だそう、良かった。ダラス空港に付くや否や、救急隊が入って来ておばあちゃんを運んでました。前にも脱水症状を起こした乗客がいた事があったんだけれど、その時は運悪くお医者さまも看護婦さんもいなくて、乗務員が最終的にはアナウンスで、「誰か、ゲータレードみたいな浸透性の高い飲み物持っている人いませんか?ちなみにその飲み物、飲みさしじゃなくって新品のボトル持ってる人お願いします。」って言ってました。

さて今日から5日間ダラス滞在。しばらくはシカゴとはちょっとばかりさよならです。自宅を出る前に裏庭を見たらヒヤシンスが咲いてました。帰る頃には枯れちゃってるかなあ。。。残念!と思いきや、デジカメはちゃんと持参したのにPCとつなぐケーブル忘れてしまった、アホな私。もっと残念! (帰ったらアップします。)
[PR]



by mlshappy | 2006-04-24 12:40 | Work

TGIF

今日は花金。昔よく聞いたフレーズだ。中だるみをしていた今週だけに金曜だというだけで、何だか嬉しい。

昨夜は思いも寄らず朝3時までオフィスに居残りするハメになってしまった。今週はセールスの提案書を作成していたのだが今日が提出期日だったので最後の追い込みだった。今度も例外なく、期限近くになるとお偉さん方が「あれをこうしろ」「どうしろ」と変えまくる。それに合わせて私達下々の者は右往左往されながらその指摘を反映しなければならない。

昨年9月に入社したばかりの新卒君2人を従えていたが、2人とも前向きでとても頑張る。適当な私は何だか反省。。。昨日、最近入社した人で、私も面接をした男の子にもたまたま会った。入社して良かった、大変だけど仕事が楽しいと言ってくれた。

こう人達と出会うと、10年程仕事をしていて日々退化してきてしまった”仕事への情熱”(?)がちょっと戻ってくる。もっと仕事を楽しまないと。結構これが難しい。

週末にしかっり自分に充電して、また来週からも頑張ろう。TGIF!
[PR]



by mlshappy | 2006-04-08 02:19 | Work

ちょっと憂鬱

週の半ばに入り今日はちょっと中だるみ。なのにダウンタウンのオフィスに行かなくてはならなくなった。「9時頃に来て」と言われたのに9時15分の遅刻。私が出社する前に8時半からミーティングをやっているのを知っていたので、当然、時間通りに終わることがないだろうとの読みは大正解。10時頃まで待たされた。

そう今週は前のプロジェクトと次のプロジェクトとの間なので、特に決まった仕事をすることもなく、トレーニングを受けたりセールスの活動をしているのだ。昨日から某、有名下着メーカーのカタログ販売に関する提案書を作っている。一応、私もここの立派なカスタマー(いつもお世話になっております)なので、この提案書の内容はいずれ自分が受けるサービスに響いてくる、ということなのでいつもよりは真面目に取り組んでるのか?(と、自問自答)

週の中だるみのせいなのか、仕事自体の中だるみなのかこのところ仕事があまり面白くない。会社のおかげで今グリーンカードの申請をしているから、頭は上がらないのだが、今日来たヘッドハンターからの他社への誘いのメールには即答してしまった。(どうせ、ビザの話を口にした時点で断られるだろうが、一応、直接話だけは聞いておくことにした。)

通常はプロジェクトでクライアント先に常駐することが多い私達の会社には自分の席というのは存在しない。人事、財務、アシスタントなどなどの人たちは別だが。なのでアメリカ人お得意の家族の写真やデスクいっぱいの飾り物は、うちのオフィスには非常に少ないのだ。いつもオフィスに行くときは”ホテリング”と呼ばれるように、空いている席を受付嬢を介して予約するのだ。

今日の席は最悪。たまたま反対側に座っていたインド人の兄ちゃん、声でかい!独特のアクセントでインドオフィスの人とカンファレンスコールをしていたんだけれど、お陰でどんなプロジェクトをやってるのか全部わかっちゃいました。ちなみに相手のインド人達も声でかい!向こうの応答も殆ど聞こえたよっ。

疲れて帰宅して今日は彼がいるので、夕食を作った。タラピアのソテーにバルサミコ酢のソース、ほうれん草のソテー、エビ入りのキャセロール。7時頃に帰宅して作ったわりに40分で全て出来上がった。(もうちょっと頑張ればレイチェル⋅レイに勝てたかもしれないのにね)今日は適当にTVの前のコーヒーテーブルでの食事。TVでジョン⋅ウェインの映画の特集をやっているらしい。

ずーっと彼と観ていたのだが、思わず言ってしまった爆弾発言。「一体いつになったらジョン⋅ウェイン出てくるの?」。。。  「はあ?。。。 Whaaat???」 「ずーっとでてるだろう?ほらこれじゃん」と指差された人は私には「誰?」であった。そう、私は恥ずかしいことにジョン⋅ウェインとジェームズ⋅ディーンを間違えていたのだ。言われてかなりドキッとしたのだが、一体いつ似ても似つかぬ二人が入れ替わったのか、自分でもわからない。。。こんな有名人取り違えてかなりこっぱずかしかった。多分、疲れてるんだ。今日は、早く寝よう。明日も会社だ。(当たり前!)
[PR]



by mlshappy | 2006-04-06 13:21 | Work

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧