from Windy City

カテゴリ:Chicago( 65 )




Garfield Park Conservatory

f0102814_1325375.jpg

今日は久しぶりにちょっと温かい(と言っても摂氏で−3℃位だったんですけどね)日だったので、折角の日曜日だしどこかへ行こうということになって昼過ぎからGarfield Park Conservatory (ガーフィールド∙パーク∙コンサバトリー シカゴにある無料の植物園)に行ってきました。ちょうど毎年、バレンタインデーの直前には『チョコレートフェスト』なる地味〜なフェスティバルもやっているんですよね。

で、急遽、お昼過ぎに旦那様Dと行く事にしました。たまたまDのお友達が電話をして来たので、一緒に行く?って聞いたら意外にも行きたい!ってことになり2組のカップルでいざ!

Garfield Park Conservatoryはシカゴの中でも私のお気に入りの場所の一つ。既にDと一緒に5〜6回位は行ってるでしょうか。私の姪と甥がまだオークパーク(シカゴの郊外)に住んでいた頃は頻繁に行ってましたね。屋内の植物園(外にも少しお花畑やお庭もありますが)なので、特に寒い冬のデートにもってこいですね。おまけに無料なので子供達を連れて行くにもとてもいい所です。一番のお勧め時期はクリスマス前。植物園の中の一部にとっても奇麗なクリスマスのデコレーションが施され、特に夕方、日が暮れる頃には明かりが灯りとても美しいのです。

『チョコレートフェスト』の為、いつもより混んでいたものの約1時間半程、屋内をグルグルと周り、ちょっとサンプルのチョコも頂き楽しんで来ました。

http://www.garfield-conservatory.org/
f0102814_13261230.jpg
f0102814_13264727.jpg
f0102814_1327453.jpg
f0102814_13271914.jpg

[PR]



by mlshappy | 2007-02-12 13:11 | Chicago

無念。。。

昨日のスーパーボール、残念ながらベアーズが負けてしまいました。

我家から車で5分程のところに住む友人宅へ5時頃にワインやアーティチョークディップを持って向かいました。5時半開始ということもあり、みなそれぞれバーや友人宅、自宅へと急ぐ人で道は混み混み。そして友人宅の周りには、バーやレストランがたくさんある住宅地のため、全くパーキングが見つからず焦りました。

先に友人宅で旦那様Dを落とし(だって、横に乗せていると運転しているのに焦るんだもの。。。)1人でグルグルと近所を徘徊し、もうパーキングを諦めて一旦自宅に戻って車を置いてタクシーで戻ろうかと思った矢先、タイミングよく、外出するカップルの車の後をゲット!涙が出る程嬉しかったですよ。そこから極寒の道を2ブロック程テクテクと歩いて到着。ぎりぎり、キックオフに間に合いました。

たくさんのゲストでごった返したベースメントには大型スクリーン、ミニバー、ビリヤードのテーブルがあり、みんなアルコールを飲んでアペタイザーを食べながら大盛り上がり。もちろん、ゲストの中の希望者でロトみたいなゲーム(予め升目に希望の所を選んでおいてみなそこへ名前を記入しておきます。それぞれのクオーターの最後に両チームのスコアの一桁代で升目を選び、勝者を決めるのです。)も勿論みんなやってます。

ハーフタイムにはキッチンへ移動しディナーを。ビールで煮込んだソーセージ、BBQ(2種)、サラダ、ガーリックトースト、ラザニア、ベイクドビーンズなどなど、大量の美味しい料理をそれぞれ紙皿に取り入れて立ったままお喋りしながら頂きました。殆どみんな知っている人が多かったので、お喋りも楽しかったです。そして勿論、楽しみにしていたプリンスのハーフタイムショー!歌った曲は多分歌ってくれるだろうと予想していた物ばかりで、大興奮。昔、東京に住んでいたときに彼のコンサートへ行った事があるのですが、それはそれはもう素晴らしかったんです。彼自身、気分が乗ると、コンサートの時間が終わってもそのまま延々とパフォーマンスを続けてくれるんですよね。もう大満足でしたけど、昨夜のパフォーマンスも雨の中だったけどとっても良かったですね。

結局、後半戦のベアーズは前半と打って変わって動きは悪いし、失敗パスは多いしでガタガタ。なんとも残念な敗退でした。

それにしても今日も寒いですね。我家は今朝、一瞬ゾッとしたことがありました。ここシカゴはあまりにも寒いので、冬の間、特に気温が下がる日には必ず、水道の水をほんの少し流しておくようにするんですよ。そして外出する際も、必ずある程度の温度でヒーターを付けっぱなしにしておくのです。こうしておかないと、気温が下がって水道のパイプが凍ってしまい、破裂してしまうからなのです。以前、お友達がこれで大変な目に在ったと聞いてます。(ね?Kさん。。。)

旅行中も水をポタポタとしておいたし、ヒーターも55℉で付けっ放しでした。帰ってからも忘れずに毎晩水を出していたのに、昨夜、うっかりDがやっているものと思って私、やらなかったんですよ。。。そしたら朝からキッチンの水が出ない!もう目の前真っ暗。パイプが凍ってるだけならともかく、水道管が破裂していたら。。。大変です。大掛かりな工事で修理しないと行けなくなる。。。運良く、ここのビルの構造上、私のユニットでなにかトラブルがあっても上の階には迷惑掛からないので、人様にご迷惑かける事は免れます。それに私のユニットは元々2世帯(店舗とアパート)に別れていたのが合体しているので、水道管も別れていてトイレ&バスルームの方の水は問題無し。キッチンだけが。。。

結局、キッチンの流し台の下にある水道管やらベースメントの水道管やらを私のヘアドライアーでガンガンに温め、漸く1時間程で溶け始め、水が少しずつ流れ始めました。そしてもう神様に大感謝ですが、水道管も裂けてなかったので水漏れもなく、事亡きを得ました。シカゴの町中で同じように、水道管が凍る事故が多発していると友人が言ってました。この時期、シカゴの方、お気をつけ下さい。本当に、無事で良かった。。。本当に寒いのには困ります。(涙)
[PR]



by mlshappy | 2007-02-05 17:55 | Chicago

Ready to Go, Bears!

f0102814_2181453.jpg

ついにやってきましたSuper Bowl Sunday!もう町中が活気づいているのがわかります。今朝も一番に近所のスーパーマーケットに行って来たけれど、従業員もお客も沢山の人がベアーズグッズを身にまとっています。私も勿論、いつものジャージー(54番 Brian Urlacherのものです!)を既に着ていますよ〜。

本日の地元紙、Chicago Tribuneも当然、表紙から何処もかしこもベアーズネタ。シカゴの摩天楼がベアーズ応援のサインとベアーズカラーである青&オレンジに包まれている写真ですね。

夕方からは近所に住む、旦那様Dの親しい友人夫妻宅へ。こちらの豪邸、でっかいTVはもちろんの事、ビリアードの台やらなにやらと豪邸には必携の遊び道具付きなので、男性陣、いつも喜んでのお呼ばれです。今日は私も他の友人のワイフ達も来るのでチキンウィングスとアーティチョークのディップでも持参しようかと準備中です。

それにしてもベアーズ、是非是非、勝って欲しい。色々なところで聞かれる「どっちが勝ちそう?」の予想ではどうやらコルツの方が優勢らしいですが、そんなのはどうでもいいので、本当に勝ってくれ〜、って応援してます。そしてハーフタイムショーのプリンスのパフォーマンスもめちゃくちゃ楽しみです。
[PR]



by mlshappy | 2007-02-04 11:15 | Chicago

激寒!

言葉では言い表せないくらいの寒さのシカゴです。ただ今、ニュースの画面の下に表示されている数字は−2度。もちろんこれ華氏ですから、摂氏ですと−19℃です。(爆)

さすがにこんな日は外にも出る気が失せます。でも旅行からの洗濯物があったので、お洗濯をすることに。。。何と、我家には洗濯機が無く、ベースメントまで行かなければならないのです。(涙)上の階の住人さん達にはちゃんと小型の洗濯機&乾燥機一体型が付いているのですが、私のユニットはなく、前々から取り付け工事をしようとは言っているのですが今だ実現しておらず。。。

こんな日には洗濯がもう恐ろしい位苦痛なイベント。でも仕方ないので、裏口から外に一旦出てベースメントへの階段をもの凄い勢いで駆け下り、ベースメントへ入ります。入ってしまえばそれなりに温かいのでOKなんですけどね。この間の外を駆け抜ける3秒程が死にそうに寒いのです。

昔、凍ったバナナで釘を打つCMがありましたよね。それ並みでしょうか。シャワーを浴びてまだ髪が乾かぬうちにゴミを捨てに出たら髪がバリバリに凍りました。(笑)

明日は待ちに待ったSupwer Bowlです。町中ベアーズ一色。外で酔っぱらって大騒ぎして死人が出るのでは?と心配もされてる位ですが、みんな室内で温かくして安全にゲーム鑑賞をしましょうね!
[PR]



by mlshappy | 2007-02-03 22:28 | Chicago

お披露目

f0102814_1252116.jpg

先日のクリスマスプレゼントにどうにか間に合った手編みのセーターです。10年以上振りに編んだ割りにはどうにか見てくれは大丈夫そう。。。かな。。。?全体的にちょっと大きめに出来上がってしまったんじゃないかと思ったけど、ゆったりめがいいとの旦那様Dからのリクエストだったので、ま、いいか。
f0102814_12531286.jpg
f0102814_12541764.jpg
f0102814_12544658.jpg

Dもとっても気に入ってくれた様子。既に着て外出済みです。(笑)友達に会ったらどうやら自慢しているらしく、お友達からも「次は僕に。。。」とリクエストまで頂きました。でももちろん、人様の分まで作るのは到底無理な話なので、「いづれ。。。」と遠回しにお断りです。(笑)

さて、今日はDと一緒にシカゴのサウスサイドへ行ってきました。(ちなみに私はノースサイドに住んでいます。)サウスサイドというと、日本の旅行ガイドなどでは『危険な地域』として扱われているので、多くの日本人(シカゴに住む日本人ですら)がサウスサイド=危険、と思っているみたい。確かにノースサイドに比べると犯罪率が高いし、本当に安全とは言えない所もあるのですが、実はその中に凄い高級住宅地が存在するのです。

この高級住宅地界隈には白人も多く住んでいます。そして本当に素敵なヤードが表にも裏にも広がり、お家自体もとっても大きく、モダンと言うよりは昔ながらの素晴らしい1軒家が多く立ち並んでいます。その内の1軒で内装をリモデルしている所でDのお友達が働いているのそこを見学させてもらいにいったのです。
f0102814_12561283.jpg
f0102814_12563033.jpg
f0102814_12565115.jpg

凄いですねー、羨ましいですね。溜め息でちゃいましたよ〜。でもこのお家、ちょっと壁のペンキの色の選択が。。。残念。かなり私好みではありません。(写真以外にも真っ赤、真っ青、蛍光グリーンとかもありまして。。。)キッチンの電化製品(ステンレス製の大冷蔵庫やダブルオーブン、ダブルディッシュウォッシャー、など)やバスルームのシャワー(四方八方からお湯が出てくるやつ)はとっても好みなんですけどね。そして、この家のお隣はさらに豪邸。何やら持ち主は、某、アメリカで10年程前に奥様とそのお友達を殺害した罪に問われたけれど、最終的に無罪になった元フットボール選手の裁判の際に彼の弁護士をしていた人のパートナーだそうで。(すみません、長い説明で。)やっぱりあの裁判で、沢山稼いだのね。。。お家の中を拝見してみたい!
f0102814_12588100.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-12-27 21:28 | Chicago

日曜なのに。。。

f0102814_13202936.jpg

昨日は日曜だというのに何だかちょっと飲んでしまいました。それと言うのも、予定していた通り、ドイツ風のクリスマスマーケットであるChristkindlmarketへ行ったから。日曜日は1時間早めに閉店するので夜8時に終了、ということで私達は6時過ぎに現地集合。男性4名の女性は私だけという構成。

歩き回ってお店を覗きたい私に反して、男性陣は飲み食いに集中。途中、旦那様Dと私だけが別行動でお店を散策してオーナメントを買ったり、Dが帽子を買いました。数年前にもここで手編みの帽子を買ったんですけど、1ヶ月程前に無くしてしまって同じようなのをまた探していました。無事、同じスタイルの物を購入です。

食べ物はドイツのマーケットということでサワークラウト(キャベツの酢漬け)、ソーセージ、グーラッシュ(ビーフスープ)、ポテトパンケーキなどのドイツ料理が中心。飲み物はビールやらホットチョコレート、そして私の大好きなホットワイン(グルーゲンワインって言うのかしら?)が楽しめます。1杯目を買うと、専用のブーツ型の陶器のマグにワインを入れてくれ$7。2杯目からはリフルということでマグを持って行くと$5で売ってくれます。(ちなみに去年のは濃いブルーのマグでした。)
f0102814_1323054.jpg
f0102814_13252448.jpg


どうやらこれを調子に乗って飲んだのがマズかったようで。。。夕食代わりにここでパンに挟んだソーセージを食べただけだったので、どうやらそれも酔いを助けたのでしょうか。この後、男性陣の一人の奥様とその友達の女の子が近くのバーで飲んでいるということでそこへ合流。そこでビールを混ぜて飲んでしまったのでそれで駄目押し。帰りの車でちょっと意識が朦朧としてしまいました。(爆)(旦那様、無事に連れて帰ってくれてありがとう!)

マーケットはシカゴのダウンタウンにあるデイリーセンターと呼ばれる市庁舎ビルの横の広場で行われています。毎年、感謝祭の日から1ヶ月間、クリスマスイブの日迄開かれており、ドイツからもわざわざこのマーケットへの出店のために大勢の人が来ています。(1ヶ月間も出稼ぎでちょっと気の毒ですが。)食べ物や飲み物の店以外にもたくさんのクリスマスオーナメントの店、置物の店、キャンドルやクラフトを売る店などなど盛りだくさん。デイリーセンターの大きなクリスマスツリーやイエズス様ご誕生シーンを模した置物や沢山の電飾などなど、クリスマス気分満載です。
f0102814_13423265.jpg
f0102814_13405552.jpg

f0102814_1343364.jpg
f0102814_13441411.jpg
f0102814_13451648.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-12-11 13:00 | Chicago

Twilight in Chicago

f0102814_1434572.jpg

今日は本当に忙しい一日でした。数ヶ月前からボランティアということで非営利事業団体のファンドレイジング(活動運営資金を集める為のイベント)の為のパーティーの準備を手伝っていました。今日がその本番。シカゴのダウンタウンにある世界で3番目(?)位に高いビルの80階にある会場にて行われました。

私のお仕事の内容はパーティーで行われるサイレントオークションの準備と当日の運営でした。昔の仕事でこういったプランニングは得意なので、その経験を生かしました。今日も朝から走り回ってましたが、準備の途中にあまりにも外の眺めが奇麗だったので写真をパシャリ。80階からの眺めは最高です。

今日のパーティー中にはちょっと大事な仕事を責任を持ってやらなければいけなかったので、体力的にも精神的にも疲れちゃいましたが、最後にお褒めの言葉やねぎらいの言葉を頂けたのですべて良し。疲れも吹っ飛びました。他にも大勢のボランティアが集まって新しい友達も出来ました。近々行われる打ち上げのパーティーが楽しみ。(笑)この達成感と少しは誰かのお役に立ったかな?っていう気持ちがボランティアの醍醐味ですね。久々に「張り合い」を感じました。
f0102814_1444617.jpg
f0102814_14442198.jpg
f0102814_1444369.jpg
f0102814_14445310.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-12-06 23:33 | Chicago

やっと見つけた!

気がつけば最後に書いた日から2週間程が経っていました。実はしばらく「引きこもり」状態、というか鬱状態に入っていた気がします。でももう大丈夫。ちょっと脱出出来そうな気配です。

さて、アメリカでの生活ではあまりお世話になりたくないけれど、知らないといざという時に困ってしまうのがお医者様。シカゴ生活もそれなりに長くなって来ているのでそれぞれの科のお医者様は今ではどの先生とも面識があり、安心してお訪ねできます。

ホームドクターにはちょっと家からは遠いのですが、Schambergにいらっしゃるノースウェスターン慶応病院の日本人(日系人なのかしら?)の先生。婦人科にはダウンタウンにあるノースウェスターン病院のアメリカ人の女医さん。彼女はもう人気の先生で少なくとも3ヶ月以上前でないと予約すら取れません。眼科はOak Parkにいるアメリカ人の先生。この先生とはまだ私がシカゴに引っ越してくる前からなのでかれこれ10年程の付き合い。姉の家族がOak Parkに住んでいたので日本から遊びにくる度にコンタクトレンズの処方箋の為に通い始めました。歯科は私の一番のお気に入りのユダヤ人のおじいちゃん先生。そもそもは私の旦那様Dの昔の彼女が通っていた所の先生(爆)で、それ以来Dが通っており、昨年突然歯が痛んだときから私もお世話になっています。とってもスイートな先生で帰りがけにほっぺに「チュっ」としてくれます。時々彼は一体私を何歳だと思ってるのか知りたくなりますが。。。

そしてお医者様の次に私がずーっと『掛かり付け』を探していたのが、「車の修理屋」さんでした。ここアメリカは当然車社会ですから、人間にお医者様が不可欠なのと同様に車のお医者様が不可欠です。でもって、ここはアメリカ、ボラれたりする修理屋がウジャウジャいます。独り身だった頃は、せめて男性を一緒に連れて行けばと義理の兄を持参(笑)させてもらってましたし、Dと付き合い出してからはもちろん彼を持参。私の頭の中には勝手な定義「男性=車の知識が私よりある=ぼったくられないだろう。。。」がありました。

特にDはアメリカ人なんで、外国人の私よりも騙されないだろう、とこれまた勝手に踏んでいましたが彼、私よりはマシな部類にしても決して詳しいというレベルではないので、ふっかけられていたのかは今だ不明。。。私の車は新車で購入したんで、定説通り日本車なので問題は殆どないのですが、時折起こった修理についてはいつもどこの修理屋に持って行くか悩み、結局はディーラーへ行く始末。(当然、正規のディーラーなので修理費は高め。)そして最近まで知らなかったのは(私、アホ過ぎる)同じ正規のディーラー同士でも価格に差がある。。。

と、そんなことを経つつも、今迄大きな修理必要なかったのでのほほんと構えていたら、暫く前に車の後ろのドア(SUV車なのでトランクではなくドア)が空かなくなってしまいました。以前にちょうどお友達が日本からやサウスキャロライナ州から遊びに来てくれた直前にそうなってしまい、「あ〜、肝心の荷物が入れられない」状態。

ディーラーに問い合わせると実際に見てみないと正確な事は言えないけど、だいたいでこれくらい。。。と聞いた見積もりに、ちょっとギョッとして(何せ今、無職ですから。。。)持って行く気を喪失。Dも仕事が忙しくって私の用事に付いていってられない状態だったんで、最後の手段、ウェブで近所の修理屋をサーチ。何てったって、車持って行って帰りにどうやって帰るのかを考えると、Dが彼の車で一緒にくっついて来てくれる訳ではないので近場を選ばなければならなかったので単純に郵便番号を基にサーチ。一番に引っかかって来たのは家から歩いて5分程の何度も前を通った事もある所。気になるレーティング(www.citysearch.comだと全米中の店、レストラン以外の店なども全てレーティングを伴って検索されます。)もなんとここシカゴではトップクラスではないですか。

恐る恐るも期待しつつ車を持って行くと、窓口のおじさん(どうやらオーナーらしい)も修理をしてくれる兄ちゃん達もみな親切。私の直前に来ていたお姉さん、サイドのドアが開かないと持って来たらお兄ちゃんちょちょいのちょいっと見て直して「これくらいじゃあ、お代は要らないよ!」って。もう私の期待は大。閉店時間ぎりぎりに行ったのでちょっと見て、お兄さん「残念ながら直ぐには直せないから明日朝一で戻って来て」と言われたけれど、何度も足を運ぶのも面倒だし朝一がきっと私の活動時間より早いだろうからと、完了次第電話してくれるとの約束をしてそのまま車を置き去りにすることに。

いつもの「アメリカ式」パターンだと連絡を依頼したにも関わらず、まったく連絡なしで結局自ら問い合わせするパターンになるのかなあと思いきや、翌朝、大体と言われていた時間よりも随分と前に「修理終わったからいつでも取りに来てね!」と爽やかに電話が。料金も前日の見積よりも安いし。そしてそれは当然ディーラーが提示していたものより破格に安い。もう大満足。こんな近くにこんないい修理屋があったとは。。。

そしてその数日後、この修理屋から「ありがとう」のレターまでがマグネットの店の広告と共に送られて来た。いつもならありがたくマグネットだけを取ってレターなんか読まないけれどなんとなく読んでみると、「私達の店では、1度いらっしゃったお客様から高額な仕事を取るよりも、長期にわたる良い関係を築いていつでも皆様に戻って来て頂けるような仕事をしたい思ってます。。。」と書いてある。これ、顧客サービスの基本のハズなんですが、この精神、アメリカのサービス業には残念ながら逸脱している観念なのですよー。

はい、私すっかりここを気に入ってみんなに紹介しまくりです。直ぐに自分の件で行ったDも大絶賛。自分の車のミラーをぶつけて壊した彼。今ガムテープで固定してますが、(爆)ミラーも割れてる事ですし、早い事取り替えろって私が薦めました。そしたらこの修理屋さん「いくらでもメーカーに注文してあげるんだけれど、それだとかなり高くつくからその前に、一度eBayとかのインターネットで中古のものとかを探してみれば?その方が断然安くなるよ。それゲットして持って来てくれれば、付け替えするからさっ」って言われたそうで。Dも「これは珍しいよ。。。」って驚いてました。(はい、ヨナヨナ私がミラーを探しております。)やっと見つけたよ、信頼出来る店!
[PR]



by mlshappy | 2006-10-27 23:38 | Chicago

シカゴ案内(食べ物編)

f0102814_13411091.jpg


日本から遊びにきてくれているお友達がとうとう明日、次の移動先へと出発してしまいます。とっても早かった4泊でした。その間、最初の2日は別の来客もいたのでもう、てんやわんや。

初日(金)、どちらもお昼頃到着だったので全員でまずは我家の近くにあるタイ料理のThai Linda Cafeからスタート。Dのお友達はアジア系の料理が大好き、とのことだったのでとっても楽でした。そして夕食も近所に新しく出来たイタリアンTerragustoにて。ここはまあまあだったかな?Dも私も初めてだったからとってもチャレンジだったんだけれど、どしゃ降りの雨が降る中だったので、あまり遠く迄行く気も起こらず近所で。

翌日(土)の朝食は私が作りました。(土)はDと彼の友達カップル、私と私のお友達Kちゃんと別行動。私達の方は3時からいつも仲良くしてもらっているブログ友達のNonoさんの結婚式へ参列させて頂きました。とっても素敵なお式でしたよ。Nonoさんがとってもきれいで見ている私達もうっとりでした。彼女の旦那様と結婚式の後、立ち話してたときに、"I love her so much..."と言ってらっしゃったのがとっても印象的。式の時初めて彼女のウェディングドレス姿を見たのだけれど、「もう教会のアイル(日本語だとバージンロードですが、こちらでは通路という表現です)を曲がって来たとき、彼女があまりにもきれいで。。。」と。いいですね、旦那様にここまで言ってもらえるなんて!あいにくの雨も吹飛ばしてしまうくらいの、心温まるお式でした。

その後、私達のシカゴのお友達も2人参加して総勢7名でのかなり遅めのディナーへ。我家で軽くワインを開けてから9時頃に韓国焼肉屋さんへ行きました。前にもブログでご紹介した我家からそう遠くない所です。たらふく食べてから、更にその近くにあるGerman Barへ。ここではみんな1リットルサイズのグラスにてビールを。私はその後、友達を車で送らなくてはいけなかったので、アルコールはパス。友達がもう1人追加参加で、わいわいがやがや。

翌朝(日)にはDの友達カップルが次の旅行先へと旅立って行きました。残った私の友達Kと一緒にSOX vs. Mariners戦へ。その日の夜は外食が続いたので家で食べる事に。

そしてまた今日は朝、日本食の朝食を家で食べ、Kはダウンタウンのシカゴ美術館へ。お昼の3時頃また私が合流し、Four Seasons Hotelのアフタヌーンティーへ。ここのはまたよかったですねー。前回行ったDrake Hotelよりも好みでした。

3時頃に食べたアフタヌーンティーでまだまだお腹が空かないまま、8時半頃にSouthportにあるお寿司のRiseへ。苦しい〜。当然、行きも帰りも腹ごなしに歩いたけれど、まだまだ歩き足りません。明日Kが帰っちゃった後、また我家の2階の掃除をしなければならないので、そこで消化しなきゃ。

とまあ、かなり暴飲暴食だったこの4日間。でもKが来てくれて楽しかったんだけれど、明日彼女をオヘア空港に送ってからはまた通常の生活に戻るんでちょっと寂しい気がします。1月にまた結婚式にハワイまで来てくれるのでそれを楽しみにしています。

写真は今日食べたアフタヌーンティーです。サンドイッチがとっても美味しかったです。一番上右から、ローストビーフが薄切りフレンチバゲットに乗ってブラックオリーブが乗っています。その次、右下のは見ての通りのスモークサーモンが黒パンに乗ったもの。一番した、フォカッチャにクリームチーズ、その上にキュウリの薄切りと黄色いトマトが乗ったもの。はい、かじりかけです。。。左、レンゲに入れられたタマゴ。中のタマゴはまったりとしたタマゴサラダ。上にはキャビアがちょこっと座ってます。最後、一番上左、胚芽パンに乗ったチキンレバーペーストとピクルス。

f0102814_13415075.jpg
f0102814_13421113.jpg


Terragusto
1851 W Addison St, Chicago, IL
(773) 248-2777

Four Seasons Hotel
Garden Terrace
120 E Delaware pl, Chicago, IL
(312) 280-8800
[PR]



by mlshappy | 2006-09-25 23:37 | Chicago

危険ワード

今夜は旦那様Dが友達と飲みに出掛けると昨日から言っていたので私も負けじと友達と飲みに出掛けることに。今現在、午前1時半頃。奴はまだ帰って来てません。ちっ、負けた。先に帰って来ちゃった。くやしい〜!

と、それは置いといて。今日のお仲間は大学時代の友達2人。ゲイのアメリカ人Cとタイ人のY。もうこの3人集まると、非常にかしましくなります。ピーチクパーチクとSouthportにある某バーでかなり楽しい夜を過ごしました。

ディナーも食べようってことで外のテラス席に座ってアピタイザー&サンドイッチを注文。ちょっと寒かったですね。ビールをピッチャーで頼んで、スプライトと割って飲みました。これ、ドイツでよくある飲み方だそうで、私はビールの苦みが嫌いなのでそれがかなり中和されます。かといって甘くなりすぎないしね。結構好きです、この飲み方。

さて国籍の違う3人集まると共通語は当然英語なので英語でずっと話します。そして前にもブログに書いた通り、アメリカ人のCは日本語がペラペラな上にタイ語も多少しゃべれるので、たまにどちらかの言葉がちょっと入る時があります。そんな私達、バーフードを注文してたんですが、その中の一品がフライドスイートポテト。これただ単にアメリカのさつま芋を普通のじゃがいもの様にカットして揚げて塩をしただけのもの。ほんのり甘くて美味しいんですが、ここから私達の「イモ」談義が。

そこからちょっと恐ろしい事が判明。日本語の「焼きイモ」が実はその読み方のサウンドがタイ語における放送禁止用語(いかがわしい系です)なのだそうで。Cが日本に住んでいる時、毎年冬になると焼きイモ屋さんが「ぴ〜」と音を鳴らしながら「焼きイモ〜。イモ。おいも。。。」と連発しているのを聞いてブッ飛んだと。その話から他にもいくつか同じように日本語あるいはタイ語、そして英語とそれぞれの音とその音が別の言語になった時にとてつもない意味を持つ危険ワードの話で大層盛上がりました。

いやー、意外な所にこんな危険ワードが隠れていただなんてね〜。言葉って奥深いですね。(って、そんなオチか?)

旦那様の遅い帰宅をいい事に(つるし上げの理由にし)、明日もお友達とブランチに出掛ける私は既に「遊び人ワイフ」と化してます。(爆)
[PR]



by mlshappy | 2006-09-09 23:59 | Chicago

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧