from Windy City

カテゴリ:Food( 20 )




シカゴの夏の風物詩

来ました、来ました。今年もやっと我が家に来ました。ここ1週間程前から夜になると我が家の裏庭にたくさんの蛍が飛び交うのです。蛍と言うと、澄んだ水の川に近くにしか生息出来ないとイメージがあったのですが、別に近くに川もなく(一番近くってシカゴリバーかあ?それともミシガン湖だとか?)空気もきれいな自然の多いとはあまり言えないようなシカゴ市内だと言うのに。

セントルイスの大学に初めて編入した年の初夏、キャンパス内を寮から歩いて図書館へ向かっていた時、初めて薄黄緑色に光る蛍を見てとても感動しました。その時も同じ事を思ったな?周囲に川もないのに。。。って。どうやら芝生に生息しているよう。我が家の裏庭にも狭いながらも、芝生の所がありそこへ毎日こまめに水(あー、スプリンクラーを設置してくれ!!!D!!!(彼兼大家))をやっているので、夕方にたっぷり水をマキ、薄暗くなるころに出没するのです。ベンチに座ってただ蛍の光を見ているだけで心が和みます。

さて、先週の土曜にシカゴのダウンタウンにあるDrake Hotelのアフタヌーンティーに行って来ました。冬に元同僚で仲良しのアメリカ人Gと行きたいねー、と話していたのですが、その時は工事中だったので行かずじまい。今回はじゃあ、私がと手配をしました。やっぱり来ていたお客の9割は女性。女性の中の2割近くはなんと子供達(お誕生日会のようでした)とかでしたが他にもBachelorret Party(結婚間近の女性のお祝いをするパーティー)もいました。それぞれがアフタヌーンティーのセット(写真1枚目の様に、4種のサンドイッチ、スコーンとバナナブレッド、ホイップクリームとストロベリージャムが乗った1番目と写真2枚目の様にプチケーキが4種乗ったケーキプレート)とちょっと昼間っからですが、シャンペンを1杯頂きました。女2人でしゃべりっぱなし(一緒に電車でダウンタウンまで行って、ホテルに行くまでウィンドーショッピングを楽しみ、ホテルでも3時間くらい居たでしょうか?帰りも電車で一緒)、話が尽きません。

夜は放ったらかしだったボーイフレンドのDが居たので、冷蔵庫であるものでパスタ。でも食べたら直ぐに友達とどっかのフェスティバルへ行ってしまった。「私も行きたい!」と言ったけれど、「駄目ー。男ばっかりで行くから」と撃墜され、夜は一人大人しくしてました。でも思ったよりDも早いご帰宅でびっくり。

昨日の日曜はどうも浮かない天気。それでも朝から今日はBBQと決めていたので準備。4時半頃から最初のお友達が現れる前からDと私は早速、夏の定番、Mojito(ミントとライムがメインでラムが入る)を飲み始め、お友達が来てからは赤ワインにスイッチ。やっぱり天気がこうだた、ワインのよう。天気が良くって暑いとなるとビールが人気なんですけどね。Dのお友達が3人程来て今日は人数は少なめ。天気も良くないからこれくらいでないと面倒。でも途中から時々降っていた小雨も上がり、青空も見えた程。日が沈む頃には蛍も飛び交い、みんなで談笑。4人の男勢に女は私だけだったので、話のネタはどうも私向きではなかったものの、笑わせて頂きました。最後のお友達が11時頃にご帰宅。可愛そうなこのお友達、しばらくハワイに行っていて会えなかったので、Dに「もう1本、もう1本」とお酒で引きづられ、翌朝6時起きにも関わらず、11時迄付き合って頂きました。

今日はもう1枚の写真。私の好きなクッキー、GoyaのMaria Cookies。シカゴ近辺のDominicsかJewelで手に入ります。日本で食べたマリービスケットと全く同じです。(サクサクで甘さ超控えめ)名前だって、激似でしょ?
f0102814_8284738.jpgf0102814_8291684.jpg
f0102814_830529.jpg
f0102814_831685.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-06-20 08:31 | Food

食べ物の好み

何度かこのブログにも書いていると思うんですが、私とボーイフレンドのDとは食べ物の好みがとても合っています。何人かの既に結婚している友人にも「旦那と食べ物の好みが合わないと大変よー」と言われた事もあります。特に私の友人達、国際結婚カップルが殆どなのでお国が違う事による食べ物の好みの不一致は結構悩みの種と聞いています。

でもラッキーなことにDとはそんな心配がありません。多少私より頻度が高い割合でお肉(ガツンとステーキみたいな)を食べたがりますが、基本的にはシーフード派。美味しいお魚があまり手に入らないシカゴではちょっと困ってしまうくらい。色々と工夫をして魚系料理をしています。

アメリカ人にしては珍しく、ピザがあまり好きでない、というのも最初は驚きました。こちらの大学時代、寮に住んでいると毎週(金)は寮でピザを取り、それをみんな「うまい、うまい」と食べてるのを見てげんなりしていた私は、日本に帰ってからもあまりピザ屋のお世話になることもなく、イタリアンのレストランでもパスタばかり食べてました。こちらの会社では外食のランチやミーティングでのケータリングにピザが多く、それを美味しいとたくさん食べるアメリカ人。。。すっかり『アメリカ人は皆、ピザ好き』と思い込んでました。なのでピザが好きでないのを発見して小躍しちゃいました。

その他当然日本食はだ〜い好き、メキシカンだけでなくコリアン、中東系、チャイニーズ、ポーリッシュ、等々、外国料理も好きだし食べた事のないものにもとってもオープンに挑戦できる、食生活において私の理想の人でした。(私の理想の男性像には、『何でもおいしくバクバク食べる人』というのがあります。)そして何より彼が最初にお腹を壊して具合が悪くなった時、やっぱりこういう時はやっぱりチキンヌードルスープ(アメリカでは具合が悪いとイコール、チキンヌードルスープと言われます)なのかしらと思いつつ、何が食べたいか彼に聞くと、"White Rice"と言うではありませんか!(驚)

小さい頃からお腹をこわしている時は、白いご飯を食べなさいとお母さんから言われていたそうです。そう聞いて日本人の私は当然、白粥を作りました。一緒に彼の好きなしそ昆布を添えて。白粥を美味しそうに食べる彼を見て、この時、「やっぱりこの人となら一生やって行けるかも」と悟りました。(笑)この『白いご飯』説については後日、彼の家特有のことなのか、南部特有ことなのか聞いてみましたが、詳細は不明。南部サウスキャロライナ出身で白人の一家ではこれが普通なのかな?と未だに疑問ですが、私が調子悪い時に彼も作ってくれたりするので、何ともありがたい母からの教えです。

そんなDと初めてした『食べ物(関連)議論』。(食べ物以外ではひっきりなしに議論と言うか言い合いを繰り広げておりますが。。。)今日は日中暑くなったのでDがボソッと、「これからの季節はアイスティーを作って、作り置きを冷蔵庫で冷やしておいて欲しい」と言い出した。アイスティーの保存!?すみません。こんなことに過剰反応して。でもアイスティーって、飲みたい時に作らないと作って置いておくと味が落ちちゃうと思いませんか?当然、麦茶やウーロン茶は作り置きで冷蔵庫に入っているんですが、私の中のアイスティーってやっぱり熱いお湯で濃いめのお茶を入れ、氷の上に一気に入れて冷えたものを飲む、もちろん香りや色までも楽しめるものがアイスティーなんです。

アメリカのレストランで出されるアイスティーは私の中のアイスティーにあらず、なのです。もちろんレストランではそれを飲みますが、どちらかと言うと感覚はお水代わり。一応、Dのいい分も聞き、どうやって作るかも聞きました。案の定、スーパーで大量に箱入りで売っているリプトンティー(日本のスーパーでも500円位で売っている大量に入ったやつ)を買って来て煮出してプラスティック容器に入れて冷蔵庫で保存するらしい。これではまさしく私の言う、アイスティーにあらずの方。「君はアイスティーがどんなものかを知らない!」と私は言いながら、アイスティーを丁寧に作った。トワイニングのアールグレーを使って。(多少値段はすると言ってもティーバックが25個入りで$4位だから1パック単価は大したものでもないし。。。)「そう、これがアイスティーよ」と得意げに飲ませると、「うん、美味しいよー。でもやっぱりいつも冷蔵庫にアイスティーがあるといいなー♪でも時々このアイスティーも作ってね」と返って来た。

「M(私の事)の作るもう一つの茶色いお茶(麦茶の事)もある事だし、僕のアイスティーもよろしくね」と念を押された。これは「私の家の私の冷蔵庫だから、私の認めないアイスティーは作って入れておかない」ということで、勝手にこの議論の幕を閉じました。あー、くだらない議論をする私達はちょっと『バカップル』状態入ってました。(爆)

写真は今日たまたま側を通ったので行って来たChicago Foodと言う、この辺りでは一番大きい(と言うか、シカゴで一番大きいのかな?)韓国系グローサリーで買って来たものの一部です。かっぱえびせんのガーリック味とゆず茶です。どちらもうまーいですよ。f0102814_13104451.jpg
f0102814_1311513.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-06-15 13:22 | Food

お国柄な食べ方

今日は何だか寝付けない。日中に緑茶を何杯もがぶ飲みした上に、ドーナツを食べた際に紅茶もかなり飲んだからだろう。折角なので、もう一つ書いておこう。

先日の結婚式の時に友人Sの昔話をしなければと、彼女にまつわるエピソードを思い起こしていた時に、ふと思い出したこと。話す程のことでもないし、案の定、昔の男が絡んでいるのでNGな話だったのだが、何だか腹を抱えて笑える話でもない「ふーん」という話。

アメリカに居ると折角の白いご飯にやぶからにお醤油をドバーっと掛ける人(大半がアメリカ人だろうが)をよく見かける。あーあー、って見てて思う。しょっぱいだろうし、ご飯だけで味が物足りないなら他にもチョイスがあるだろうって思うが、塩を掛ける人は見かけない。多分、お寿司の影響だろうが。。。うちのDは日本へは1度しか行った事もないが、私や私の姉家族と時間を多く過ごしているせいか、今では立派に白ご飯だけでも美味しく感じるらしい。といっても、勿論、何か一緒に付いて来る方が喜ぶのだが、醤油は絶対に掛けない。彼の一番のご飯のお伴はシソ昆布か浅漬けのお野菜だ。(渋ッ)

Sの話に戻るが、随分前にSにはイタリア人の彼氏が居た。その彼Lはイタリア在住であったが当時、Sの住んでいた東京に短い期間ではあったが遊びに来た。初めて来た日本はLにとっては食べ物でカルチャーショックだったらしいが、Sが甲斐甲斐しく、出来る限り自宅でパスタなどイタリアン系の物を作っていたらしい。が、折角日本に居るのだからと何度か和食も作って出したそうな。そんなLは頑張って和食を食べていたが、「これだけは、自分の好きなようにさせてくれ。。。」と、おもむろに、白ご飯にオリーブオイルを掛けていたそうな。それを聞いて思わず、「さすが、お国柄」と思ったが、誘われて行った夕食の席でこの光景を目の当たりにし、Lにはさぞかし失礼ではあったが、大爆笑してしまった。L曰く、「これで少しでもイタリアの味に近くなる」と。。。

そんなL君、Sに振られた後もイタリアで日本人の女性と出会い、今は子供もいるそうな。ってことは、今では立派に白ご飯だけで食べれているのだろうか?とても気になる。また余計に眠れなくなるではないか。。。不覚!
[PR]



by mlshappy | 2006-05-24 15:53 | Food

不健康な食生活

今日の食生活はなんとも不健康そのものだったような気がする。と言うか、気がするだけでなくて本当に不健康そのもの。昨日の夜にDと一緒にスーパーへ買い出しに行ったのだが、無性に食べたくなって買ってしまった物があり、それをどうしても食べようと思い立ったから。

それはクリスピークリームのドーナツ。たまーに食べたくなってしまう。お店で出来たてを食べて以来、店で買ってもスーパーで買う事など殆どなかったのだが、家の近くに店舗がないので最近は随分とご無沙汰だったのだ。それが何故だかスーパーで買ってでも食べたくなってしまった。まずい。。。(ヤバいほうの、まずい)

箱を手に取った瞬間をDに現行犯逮捕され、「そんなの買うのか?」と問いただされた。Dは甘い物が好きではないので、アイスクリーム以外は殆ど口にしない。なのでドーナツは考えられないようだ。「痩せなきゃ、痩せなきゃ、っていつも言っているわりに、それかあ?。。。」って言われたけれど、どうもこうももう収まりがつかない。「いいのっ!」って折角押さえてくれようとしているDを振り切り、カートへ。レジでもキャッシャーのお姉さんが箱をつかむなり、「彼女はそれは多分いらないだろう」なーんて、冗談まじりに言うもんだからお姉さんも「いるの?いらないの?」って聞いて来たけれど、「い、いります!」ってちゃんとスキャンしてもらいました。お姉さん、私達のやり取りに苦笑でした。

そーやって我が家へ来た6つの箱入りドーナツ。朝起きた時から食べたくってわくわく。わかります?このワクワク感?救い難し。。。(涙)大人食いでドーナツだけ食べようかとも思ったのですが、Dもいたのでここは更に大人になって普通の朝食を作り、私はパンをドーナツへと変更。ここは1つで我慢。

そしてランチ。Dは仕事で居なかったので、しめしめと2つ食べてしまった。箱には8秒電子レンジで温めるよう書いているが私は10秒温める。その方が更にフカッと温かくなる。おまけに掛かっているグレーズが更に溶けるので、砂糖がちょっとでも落ちて軽くなるような、ま、殆どなんの助けにもなってないだろうが、そんな気がするので気休めに2秒多めにするのだ。(笑)

夜はDが仕事で人と会っているので一人でディナー。「これは、また。。。」と思った。でもディナーはもうちょっと食べたい気がしたので随分前に友達のお薦めで買った韓国の激辛系のインスタントおうどんに。「辛ラーメン」が確か有名だと聞いたがこちらの方を彼女に薦められて買ってあった。面倒だったので具には刻んだネギだけ。それにしても激辛であったが、なかなかインスタントの割りにはコシがあって美味しかった。

当然、口直しにもう1つだけドーナツを。一日に4つもドーナツを食べたのがDにバレるのが怖くって思わず取った苦肉の策。箱の外から見える部分の2つを残し奥の4つから食べました。は、は、は、悪あがき。明日にはこの箱、空、間違いなし。
f0102814_11265518.jpg
f0102814_11271990.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-05-24 11:30 | Food

新しいカフェ発見

私の趣味というか楽しみの一つに新しいカフェを見つける事、試す事というのがある。今日はお昼を食べた後、友人Gを彼女の自宅に送るついでに2人で近所のサウスポート近辺を散歩することにした。

Gもこの近くに住んでいるのでお互いに試したお店やレストランなどを紹介し合っているのだ。ランチが飲茶だったので、その反動でどうしてもチョコレート系の甘いものとコーヒーが飲みたかったのでどこかカフェへ行こう、ということになり、今日はGお薦めのカフェ、Sensational Bites (A Dessert Cafe)へ行く事にした。

サウスポート近辺にはいい感じのカフェが多い。私のお気に入りにはJulius Meinl (3601 N. Southport)やSouthport Grocery & Cafe (3552 N. Southport)などのお馴染みのカフェ。Southport Grocery & Cafeは2006年のCitysearch.comのベストブランチのトップ10にランクインしているため、最近はいつもいっぱい。今日初めて行ったSensational Bitesは先の2店よりもちょっと北にあり、カフェらしくコーヒーなどの飲み物と甘いものだけを扱っている。店内に並べられたケーキやクッキーなどのデコレーションがかわいい。カメラをもっていなかったのが相当悔やまれる。。。仕方なく、コーヒーだけ飲んで写真を自宅で撮る為、バナナケーキのチョコレートがけはお持ち帰り。

まだ最近できたばかり、ということでさほど混んでいないのがいい。お店の女性も感じが良かった。写真を撮って口にしたケーキは甘さ控えめでグッド。チョコレートも甘さ控えめでケーキとマッチ。(たまーにこういうのを食べると、チョコレートのコーティングに砂糖のざらざら感が残る程砂糖が入っている事があるが、これはまったくそんなことはない!)ここアメリカでは”甘さ控えめ”というだけでも得点が高くなるなあ。。。

しばらくここへ通う事になりそうだ。

Sensational Bites (A Dessert Cafe)
3751 N. Southport Ave. Chicago, IL 60613
TEL : 773.248.2271
www.sensationalbites.com
f0102814_11561692.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-05-01 11:57 | Food

ゆっくり & まったり

昨日からの長雨がやっとのことで上がったようだ。それにしてもしとしととよく降ったものだ。

金曜の夜、やっとのことで長く緊張の連発だったトレーニングからシカゴへと戻って来た。木曜は金曜に行う最後のケーススタディーのためのプレゼンテーションの準備でグループで真夜中まで準備。ホテルに戻ってからも自分の担当だけでなく、何があっても大丈夫なように他のチームメンバーの担当の内容も把握するよう3時頃まで何度も何度も資料を読み返しては、想定しうる質問に対する回答を考えた。その努力の甲斐あってか我がチームのプレゼンテーションは用意した資料だけでなくプレゼンテーション自体や質疑応答と、全てがうまくいった。と、私は思う。とにかく、忙しかった1週間である。

楽しみに帰って来たシカゴの気候は今ひとつ。昨日は寒かった。会社の仲良しのシンガポール人の後輩がDと私、そしてもう一人の会社の後輩の女の子を夕食に誘ってくれた。彼女、Wは自称、料理しない人、なのだが最近はこれまた同じ会社の男性と付き合うようになったのをきっかけに、少しは料理するようになったらしい。いつもは私の家に食べにくるのだが、今回は彼女の所へという事になり初めてごちそうになった。残念ながらWの彼はオハイオ州コロンバスに住んでいるので彼は不参加。

料理が出来ない!と言っていたわりには、全然おいしかった。アピタイザーにはお店から買って来たサルサとフムス以外にもチキンウィングスを用意してくれた。これがうまい。オイスターソースとごま油にマリネしただけ、とシンプルなものだったがこれがなかなか。次回は家でも是非やってみたい。メインはペンネのショートパスタ。ペストのに生クリームを入れ、グリンピーズ、アスパラガス、そしてエビが入ったもの。こちらもなかなかだった。デザートには私が持参したイチゴのシャーベット。これは先週末、出張に行く前に大量に買っていたイチゴをピューレにし、少量のレモンと砂糖を入れただけの簡単デザート。なかなかリフレッシングで好評だった。

食後はみんなでDVD鑑賞。March of the Penguinesを観た。前から観たかったのに映画館に行きそびれた映画だったので観れてよかった。こういう映画はほのぼのとしていい。女性陣「かわいー」とか「かわいそー」、「あー」、「おー」の連発。最初は「えー、女の子ばっかりの食事。。。」と言っていたDも案の定、ご満悦の様子だった。

引き続きの雨に今日は遅くまでベッドでだらだらしていた。定期購読しているシカゴトリビューンを外から取って来て、コーヒーを飲みながら新聞を読む。すると仲良しGから電話が。そう、Gは私の会社の同僚でもあるのだが、先週会社を辞めてしまったのだ。その詳細を話そうと電話して来たGと寝ながらおしゃべり。彼女も当然ベットから。(笑)こういう天気だと、みんなどこにも行きたくないからなあ。。。

結局30分程電話であれやこれやと長話し、最終的にいい加減起きて用意をしろ、ということになり、それじゃあランチしにチャイナタウンに行こう、ということになった。昨夜ディナーを一緒にしたMからもちょうど電話があり、誘ったら何と今までに飲茶を食べた事がないという事だったので、彼女のボーイフレンドも一緒に来る事になった。Dの運転で近所に住むG、そしてループの南側に住むMと彼女の彼(これまたM)を拾いチャイナタウンへ。こういう天気だったから比較的人が少なかったのはラッキー。あまり待たずに席へ通された。飲茶デビューのM&Mカップルもどうやら気に入ったようでまた来たい、と言ってくれた。

飲茶を食べた日は大体は夕食に野菜がたくさん出る。昼間に取れなかった野菜を補うのである。今日の飲茶は腹九分目位で押さえていたので夕食前の軽いスナックからスタート。野菜をカットしたものとスモークサーモンのディップを用意した。生野菜をカットして食べるようになったのは大学時代にアメリカに来てから。最初は人参やセロリ、ブロッコリーやカリフラワーをそのまま生で食べるアメリカ人に驚いていたが、意外や意外、試してみるとどれも美味しい。セロリや人参はそれまであまり好きな野菜でなかったにもかかわらず、その甘みやそれほど嫌みでない青臭さにハマってしまった。それ以来、東京にいる時もパーディーをする時には必ず用意したものだ。私と同様に友達も最初は「???」と思っていても試してみてハマっていた。

ディップには典型的なランチドレッシングだけでなく、タラコのディップやマヨネーズにお味噌とすりゴマを入れたもの、絹ごしのお豆腐の水をきり、そこへツナ缶とマヨネーズを少量入れてフードプロセッサーにかけたもの、などなどレパートリーも豊富。お野菜も人参、セロリ、ブロッコリー、カリフラワー、トマトの定番以外にもベルペッパー、マッシュルーム、カブ、大根、シュガーピーなどなど。カブや大根は水にさらすと本当にうまい。

ディナーのメインにはDの大好きなビーフストロガノフ。彼はこれをエッグヌードルに添えて食べるのが大好き。私はやっぱり日本人、ご飯と一緒に食べる方が好き。これに更にアルファルファスプラウトをたくさん乗せたサラダ。そしてデザートには昨日も食べたイチゴのシャーベット。

雨の中、裏庭をみるとヒヤシンスが満開だった。チューリップも数日中に咲きそうだ。お隣のお庭のツツジやライラックも雨に生えていた。明日からはしばらく雨はごぶさたしたい。 (ヒヤシンスの写真は先週の日曜に撮ったもの。一番最初に咲き始めたブルーを撮影。)f0102814_118308.jpgf0102814_1116369.jpg
f0102814_11171496.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-05-01 11:17 | Food

今年初の。。。

いやー、今日もまたひときは暑かった。町中に表示してある温度は午後には80度を示していた。今朝は外に出て温度を確認する前に既にTシャツとカプリパンツにしてしまったが、大正解だった。

彼と電話で話ていて今日も暑いので、今夜はCook Outしようってことになり早速買い出し準備。こちらではCook Out=(イコール)バーベキュー。うちは今年初。ガスを使ったグリルを持っている人たちは寒い冬でも外で焼いて家の中で食べるのだが、普通のチャコルを使ったグリルの場合、さすがに火を起こす時間なども考えると寒い時期はちょっと無理なのである。

さっそく買い出しに今日はBuck Townにあるメキシカンのグローサリーへ。このグローサリーはうちの彼の家の直ぐ近くにあるのだが、とにかく安い。すごく新鮮、とは言わないが(残念ながら物による)お決まりのメキシカン特有の野菜やフルーツ(アボガド、トマト、プランテーン、マンゴー、ライムなど)は格安なのだ。

そして今日の私のお目当てはリブステーキ。韓国焼肉の店で出てくるような骨付きカルビが安く手に入る。これを自家製のタレでマリネするのだ。他にもチキンやコーンなどを購入。

自宅に戻り早速マリネ開始。カルビは、醤油、ハチミツ、すりおろした玉葱、キャロット、ガーリックを混ぜて作ったタレとジップロックへ入れて冷蔵庫へ。チキンはシンプルに塩こしょうとガーリックパウダー。我が家は料理には殆どコーシャーソルトを使用。この方が味がマイルドになるような気がする。

そして6時頃BBQ準備開始。ここからは彼、Dの担当である。ベースメントからグリルを引っ張りだし掃除してまずはチャコルに火を起こす。ここで私も裏庭に出てのんびり。と思ったら、昨日植えたヒヤシンスが既にリスに荒らされているのを発見。あー、リスって可愛いんだけれど、彼らは結構、可愛い着ぐるみを着た悪魔なんだよなー。もう一度いくつか植え直したけれど、ちょっと心配である。

なにやら人に呼ばれてる?声の方を見るとうちの3階のアメリカ人夫婦の旦那。彼、体育会系。おー、やっぱり彼もBBQの準備を始めてる。(笑)奥さんがまだ仕事から戻らない内からちゃんと夕食の準備をしている、何と出来た旦那だ。しばらく3階と裏庭とで会話していたが降りて来て飲みながらになった。

そうこうしていると奥様のご帰宅。奥さんもとてもおっとりしたかわいい女性である。これで全員集合でそれぞれの材料を焼き始めた。夕方になって急に寒くなったのでみんな軽い上着を着ることになり、これは家の中で食べるか?となったが結局話が盛り上がったのと、3階のグリルのガスが無くなってしまいうちのグリルを使う事になったので、またまたみんなで裏庭に集合となったのだ。

そのまま男性2人はお腹も空いて立ったまま食べだす始末で、結局は慌ててうちにあった折りたたみの机とイスを出して来てその場でディナー開始。話も盛り上がり、少々寒かったがお互いの家の味付けも楽しみ美味しかったし楽しかった。次回は手巻き寿司ディナーをしようということで、お開き。

ところでコーンの焼き方なのだが、これはDに教えてもらったとても役に立つもの。皮を剥がさず水にしばらくシンクなどでつけておき、それからグリルにそのまま乗せて焼くのだ。そうすると染み込んだ水で蒸し焼き状態になり、みずみずしくおいしいコーンが焼ける。(出来上がりのタイミングはちょうど皮が黒く焦げて来た頃。)教えてもらう前は皮を剥がして軽く電子レンジで火を通してから直火で焼いていたが、どうしても焦げてしまっていた。が、こうすると焦げなくてよいのだ。焼けたコーンは私はそのまままたはバター&醤油、Dはバター&塩で頂く。

BBQの時期遂に到来。我が家はまた週に少なくとも2度位のペースでお世話になるのだろう。
[PR]



by mlshappy | 2006-04-14 15:14 | Food

優雅な午後

今日も自宅からお仕事だった。以前にも書いたが今はちょうどプロジェクトとプロジェクトの間なのだ。日頃出来ないような社内的に必要な事やトレーニング、セールスの仕事などをやっている。次のプロジェクトが決まるとリソースコーディネーターという社内の担当者が連絡して来るのだ。

とは言う物の、正直言ってあまりすることはない。(笑)勿論、やった方がいい事はたくさんあるのだが、やらなくてはならないわけではないので、やる気なし。なーんて、ちょっと不真面目なのだが。でも一旦プロジェクトが始まってしまうと、もの凄く忙しくなるので、みんな社員はこういう時を”On the beach"と言ってゆっくりと過ごすのだ。

今日は午前中から彼Dと彼の友達が来て、家の雨漏りを直してくれていた。大雨が降ると、裏の庭に面したところの壁に水がしみ出していたのだ。うちの彼は実は私の大家でもある。(引越をして大家である彼に出会ったのではなく、付き合い始めてからたまたま彼の所有するところへ引越たのである。)今日の彼は大家としての御勤めである。(笑)

この友達、Dとはもう長い付き合いで、もともとはDのお兄ちゃんの友達だったらしい。かなり腕のいいプラマーなのだが、その他のちょっとした修理など卒なくこなしてくれる。こういった修理などの作業は知らない業者に頼むとぼったくられたり、ちゃんと直してくれなかったりすることが多いアメリカにおいて、彼のような友人は本当に助かる。とっても器用で本当はピアノがとても上手でミュージシャンでもあるのだ。

そんな友達とお昼にお腹がすいたのでランチへと出かけた。まだ修理の途中ということもあったので近くで簡単に且つ、Home Depotからも近いところということで近くにあるホットドック屋へ行った。友達によると結構有名人も来るらしい。ザガットにも載っている。(と、お店の窓に例のザガットのステッカーが貼ってあった。)

店内には確かに有名人の写真も貼ってある。ホットドックに関連する写真やキャラクターもたくさん貼ってある。何故だか日本の雑誌、Hot Dog Pressも貼ってあった。(確かにホットドック関連と言えばそうであるが。。。)一体あの雑誌がどういう雑誌なのか店の人は知ってるのだろうかちょっと疑問だったが。。。ちなみに表紙は深田恭子だった。

ホットドックの種類は10種類くらい。どれも$2.50〜$4.00位。これに好きなトッピングやフレンチフライ(これは追加料金要)が選べる。オーナーらしき兄ちゃんがオーダーを取っているが、ドリンクについては自ら「リフル自由だからスモールでいいよ」と言ってくれる。一緒に行った大の男2名もスモールドリンクをオーダー。

私が注文したのはJennifer Garner(以前はBrittney Spearceだったらしいが)というものポーリッシュソーセージが入ったもので、小さなハラペーニョ入りとちょっとスパイシーなもの。Dが頼んだのは普通のシカゴドック。フレンチフライもじゃがいもをそのまま切って揚げただけのシンプルな感じ。どれもおいしかった。何よりいいのは3人分で$11位だったこと。

食後はHome Depotへ直行。Dと友達は修理に必要な部品などを買いに店内へ。私はついにオープンした植物やお花のコーナーへ。パンジーや金魚草なども出ていたがちょっとそれは早いかなあと思い、球根類のチューリップとヒヤシンスを購入。一路、自宅へと向かう。

我が家には小さい裏庭がある。Dと彼のパートナーとでこの3階立ての建物を所有しているのだが、私が1階に住んでおり、2階は今コンドミニアムで売りに出ており今は空家、3階は既に売れて素敵な夫婦が猫と一緒に住んでいる。そしてこの庭のお世話は私に一任されているのである。ガーデニングが大好きなので喜んでこの任務を受けている。さっそくこの庭に先ほど買って来たばかりの花を植え、水をやる。あー、何と心地よい午後なんだろう。(おいおい、仕事はええんか?)

シカゴの春は短いが長かった冬の後なので本当にありがたく感じる。このところ本当に温かい日が続いており、「これだからシカゴが嫌いになれない」とつくづく思わせてくれるのだ。今日植えた花が咲き乱れるのが待ち遠しい。

Hot Doug's (Cross street - Addison & California)f0102814_4242285.jpgf0102814_425582.jpg
[PR]



by mlshappy | 2006-04-13 09:08 | Food

またまた至福の時

昨日に続き今日も甘い物を食してしまった。まっ、しょうがない。でも今日のデザートは甘さ控えめなので許そう。(自分で。。。)

最近お気に入りの、ヨーグルト♥。

ちょっと前にWhole Foodsでたまたま見つけた物。人に薦められた物でもなかったので、買ったものの賞味期限ギリギリまで冷蔵庫内で放ったらかし状態でした。慌てて食した所、これがうまい!それ以来、ハマってしまい見るたび買ってしまう。(Trader Joe'sでも売っている。)

写真ではちょっと見難いのだが、この商品、ヨーグルトの部分とフレーバーであるジャムの部分が容器内で分かれているのである。ヨーグルト自体に甘みはないので、自分でジャムと混ぜながら甘さが調節できるのだ。そしてこのジャムも上品な甘さ。

さすがギリシャのヨーグルト。ちゃんとギリシャで製造してアメリカに送っているとパッケージに記載してある。アマアマのアメリカ版ヨーグルトとは比べ物にならない。ストロベリー味に他にチェリー味とハニー味があった。チェリー味は試したが、こちらもグッド。次回はハニーにも挑戦予定。

せっかくなのでうちの彼にも薦めたが、却下された。どうやらこの前にWhole Foodsで買って来たカッテージチーズが超マズかったらしく、それを引きずっている様子。カッテージチーズは彼の好きな物の一つなのでいつも欠かさずに常備しているのだが、先日たまたまWhole Foodsに寄ったのでそこでオーガニック物を買ってしまった。それが駄目だったらしい。「多少体に悪くてもいいから美味しい普通のにしてくれ。。。」と言われてしまった。(笑)

どうやらオーガニック、口に合わず、ということが発覚。安くついていいっか。でもちょっと待て、今彼が"Very sweet! It's like Japanese strawberries!"と言って喜んで食べているのもWhole Foodsで買って来たオーガニックだよなあ。いい加減な奴。。。!
f0102814_1261556.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-04-12 11:55 | Food

至福の時

ただ今、ここシカゴは夜10時になろうとしております。

私、今、至福の時を過ごしております。

それも、そう、大好きな甘い物に手を出しているから。

いつもなるべく家にアイスクリーム以外の甘い物を置かないようにしているのですが、今日はもう限界でした。それもひどくって、家に居て夕食も済んでいたにもかかわらず、どうしてもムショーにチョコレートが食べたくなってしまった。私、ダーク派です。

これ実は私のPMSの典型的現象。毎度、このチョコレート熱に脅かされてしまい、いつも負け。昨日久々に行ったWhole Foodsでは、大好きな365ブランドのトリフチョコを探したが見つけられず、品切れということで諦めて帰って来た。これで今回は”勝った”と思ったのに。

今日は彼が居ないので一人で食後にTVを観ていたところ、あー、観てしまった。多分これ、新商品だと思うんだけれど、NestleのCRUNCHから出ている商品でStixxというもの。これがどど〜んとCMに出て来て、いとも簡単に私を虜にしてくれた。食べたことすらないのに。。。

それから約1時間半、耐えました。耐えて、耐えて、耐えて、もう、演歌歌手さながら。でも、だめ、9時過ぎについに近所のスーパーへ。食べてみたい反面、未だ売ってないことを期待しながら、ハンドルを握る。

ありました。何故かダークチョコが一番売れてない。どう考えてもダークが一番おいしいでしょ?うちの姉妹は2人ともダーク派。色々詰まったアソートなんかを頂いたものなら、数少ないダークチョコをめぐり、半分姉妹喧嘩もの。(はい、はい、いい年なので、権勢し合うだけです。)最近は、姉の子供達(3名。その内上の2名が)までがダーク派になり、敵多し。

このままの勢いで開けてしまっては、一挙に一箱食べちゃいそうだったので、ここは押さえて、写真をぱちり。ヘタ過ぎ。ま、目的は盛り上がった私の気持ちを抑えるためなので勘弁。

お味の方は、もう♥です。お試しあれ。見た目は日本の森永小枝に似ているでしょうか。でもかなり大きいので大枝です。真ん中はダークチョコのクリーム、その外を軽いワッフル(ゴーフルみたいな)で包み、更にその外側をライスクリスピーを伴ったダークチョコで包んであります。もうダーク好きにはたまらない一品です。

明日、もう一箱買って、姉に(と、そのお子達にもしょうがないなあ。。。)送ってあげよう。姉は半年近く前に8年程住んだここシカゴを後に日本に帰国してしまったから、そろそろこのアメリカの”くど甘系”のお菓子が懐かしい頃だろうから。
f0102814_1217451.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-04-11 12:18 | Food

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧