from Windy City

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧




通勤

昨日と今日は久し振りにダウンタウンにあるオフィスへ出社した。トレーニングがあったから行ったのだが、日頃はあまりオフィスに顔を出すことはない。 「???」と思うでしょ?私のお仕事はコンサルタント。欧州系の経営コンサルティング会社に勤めている。一般企業に勤めて毎日自分のオフィスへ通勤するのとは違い、アサインされたプロジェクト単位で仕事をするので大抵は、そのプロジェクトのクライアント先に通うことになるのだ。この2年半、シカゴにある企業にアサインされたことはあまりなく、殆どが長距離通勤。最近は会社の方針で、なるべく中西部内にしか行かないで済む様になっているが、たまーにイースト・コースト、サウス、ウェスト・コーストに行く羽目になる。そうなると毎週毎週(月)の朝一の飛行機で現地入りし、ホテルに滞在し、(木)の夜か(金)のお昼頃にシカゴへ戻るというパターン。

去年のホテル滞在記録を見ると約200日に及びホテル暮らし。って、ことは半年以上お家に居れてない!歳をとるに連れてこういう生活は応える...

こんな仕事のパターンなので自分の会社へ出社することは年間平均で10回くらいかぁ?出来る限り、オフィスへ来るよう会社としては言ってくるが、長く勤めている人ほど、会社から足が遠のいているよう。私もその一人だったりして。

昨日・今日行われた社内のトレーニングで会社へ出社したのは1ヵ月半振り。出社すること自体はあまり好きではないのだが、会社への通勤は何故か結構楽しみなのだ。私の住むシカゴ市北部から会社のあるループへは”エル”のブラウン・ラインを使うのが一番。時間にもよるが大抵は同じく北部からダウンタウン方面(ブラウンよりも東側を走る)へ向かうレッド・ラインよりも混みようが少ない。大体は約30分の道のりを座って行ける。窓からの眺めはなかなかのもの。

途中、ウィルグリーやシカゴ特有の町並みが目に入る。ダウンタウンに差し掛かるとシアーズタワーを始めとする高層ビル群が目前に近づき、シカゴ川付近よりスピードを落としながらループのビル群へと吸い込まれていく。

周りを見渡すと?ほぼ、半分位の人がiPodを仕様。(そう、みーんなあの白のイヤホーン着用なのだ!あ、あたしもね。)朝は、また半分位の人が無料の情報誌のRed Eyeを読んでいる。もちろんシカゴ・トリビューンを読む人も。でも何故だかあまりサン・タイムズは見かけない。帰宅時間頃は多くの人が本を読んでいる。そんな中、日本に居た頃、東京の地下鉄で隣りや近くにいるオヤジがスポーツ新聞のエロ記事や小説を読んでいたり、中年男がマンガ雑誌を読んでいて、いやーな気分によくなったことを思い出した。

それに比べるとこのシカゴ通勤は快適・快適。緑生い茂る季節の通勤はまた更に私を心地良い気分にしてくれる。夏が待ち遠しい。f0102814_1429265.jpg
[PR]



by mlshappy | 2006-03-31 14:34 | Chicago

いきなり記念日

昨日は今付き合っている彼氏と”付き合い始めて3年目”の記念日。我ながら、3年目に突入するとはよく持っている(?)なぁと関心。相手にも「良く、我慢しているなぁ」と関心。本当にめでたい。

何かお祝い?と、記念日の昨日は(月)と言うことで、前日の日曜のディナーは腕を振るたかなぁ。久々にロースト・ビーフ(これにオリジナルのタレ2種。そう、これに定番のホースラディッシュを用意したハズだったのだが。。。スーパーでカゴに入れた所までの記憶は鮮明にあるが、その後、Self Check Out の所でカゴからスキャンして袋に入れた覚えが定かでない。自宅に戻ってないっつーことは、カゴに置いてきぼりだったのだろう。)、野菜のロースト、ポテトのビシソワーズを作った。デザートには先週作り置きしておいた、プロフィトロール(シュークリームの皮に、バニラ・アイスを入れ、上からチョコレート・ファッジを掛けたもの。)

当日は夜、シカゴの目抜き通りであるミシガン・アベニューへ行き、Signature Roomへ行くはずであった。Signature Roomとは地元では有名なジョン・ハンコック・センター・ビルの95階にあるレストラン&バーである。(http://www.signatureroom.com/) 眺めがよく、ロマンチックなので有名なので、しばしばデートや記念日に使われる典型的なスポットでもある。が、しかし、生憎の天気で外は雨。ちょっと暖かかった日中よりぐんっと気温も下がったので、二人して行く気が急落。バーでいっちょカクテルでも飲んで、その近くのレストランにでも行くつもりが、すっかり予定変更。彼と私の自宅の中間地点のイタリアンに。

普通ーのイタリアン。(だからあえて詳細の住所とかは載せませんが...)薄暗かったからメニューもあまり読み難かったが、それはそれで一応、ロマンチックなのだろうか?結局二人して、「うーん、家で作った方がおいしいかなぁ」という感想でした。帰る間際に私がお手洗いに行っている間、彼はシカゴ・コップ(警察官)と立ち話していた。彼らは夕食のテイクアウトのピザを待っているらしい。そう、アメリカでは警察官は勤務中に食事をするためにドーナツ屋やサンドイッチ屋へ立ち寄るとタダで食べ物がもらえるらしい。こんなレストランでもタダになるのか?

不振だったレストランから帰宅して、口直しに思い出の品でもあるシャンペンを開けた。いつも何かお祝い事があると、奮発してこのシャンペンを用意してくれる彼。アメリカ人なのに(というと、あまりにも定型化させた意見かもしれないが)あまりこういう祝い事や、ロマンチックなセッティング、サプライズ苦手。あまりにもヘタで逆に驚かされる。(苦笑)でもこのシャンペンだけは今回も忘れず、以前から用意してあったものを取り出してくれた。

そして彼の苦手なロマンチック・コメディーの映画を一緒に見てくれた。彼にしては上出来だと思う。来年も一緒に、ささやかにお祝い出来るといいなぁ。
[PR]



by mlshappy | 2006-03-28 16:00 | Events

何となく、始めます

何となく、日々のことを記録したくなった。特に、今住んでいるシカゴでの生活のこと。意外とシカゴって知られていない... 「どの辺にあるんだっけ?」とか「ギャング(アル・カポネ)で有名でしょ?」とかである。最近は大リークの選手である井口選手が在籍することから、「あー、井口選手の居る、ホワイト・ソックスの本拠地でしょ?」と一歩進んだコメントも聞けるようになった。けど、まだまだ未開の地。私の家族内ではかなり有名なのだが。(と、それは娘二人が住んでいたから。残念ながら、姉とその家族はちょっと前に日本へ帰国してしまったが。)

折角だからここに住んでいる間に、この素敵な町を紹介したいと思う。そして、その町での生活、それは中には決してシカゴだからという特有のものではない極普通の生活もあるだろうけれど、色々と書き綴れればと思う。抱負としては面白おかしくな内容だといいのだけれど...

From Windy City Chicago - シカゴより 「お付き合い願います!」
[PR]



by mlshappy | 2006-03-27 12:55 | Greeting

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧