from Windy City

<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧




Let it snow, Let it snow, Let it snow♪♪♪

f0102814_15333362.jpg

残念ながら天気予報が大当たりしてしまいました。昨日迄の温かさから打って変わって、今日は急転直下の寒さです。昨日は一日大雨が続き、今日に入ってからはどんよりとした曇り、そして夜からはパラパラと(そう、しんしんとではないんです)した雪というかミゾレみたいな氷に近いような雪が降っています。

今日は何だか日本食がとっても食べたい!って気がしてました。夕方、時間があったのでネットを徘徊していたらル∙クルーゼでご飯を炊くってのを発見。前にも見た事ありました。炊飯器で炊くご飯と違って、いわゆる「ご飯が立ってる!」って感じに炊けるそうで。何だかそれを見てたら無性にやってみたくなりました。日本食が食べたかったから、美味しいご飯なんか炊いちゃったらもう相性抜群かしら、と思い何かご飯に合う日本食を作る事に。

冷凍庫に凍らせてあった豚挽肉を解凍。冷蔵庫にあった白菜。これを使って1品。豚挽肉に下味を付け、卵と片栗粉を入れアンをを作り、それを大きいまま1枚1枚ちぎった白菜に間にはさみ大きな鍋で出汁、醤油、みりん、酒で作った汁で火を通します。火が通ったら層になっている白菜を取り出し、切り分けます。汁には水溶き片栗を入れとろみを付け、最後にまた白菜に掛け出来上がり。これだけでは足りないので鳥の唐揚げも冷凍してあった鶏肉で作って用意。
f0102814_15291793.jpg

f0102814_15311454.jpg

ご飯は思っていたよりも全然簡単でしたよ。洗って少しばかり水に浸しておいてまずは中火で煮立たせます。一度吹き上がったら弱火で更に炊き、火を消して蒸らすだけ。それで本当にお釜で炊いたみたいに炊きあがるんです。去年、日本に帰った時土鍋でお米を炊くのが流行ってましたが、多分似たようなことでしょう。思ったよりお鍋にもこびりつかないし、これから頻繁に作る事になりそうです。メインの白菜の挟み煮も唐揚げもご飯ととても合い、バクバク食べちゃいました。初めて作ったメニューだったんで旦那様Dが気に入るか心配でしたが、「これは日本のスタッフドキャベジ(ポーランド料理にロールキャベツの元になるグルンプキーという料理があります)をアレンジした物だよ」って言って出しました。結構気に入っていた様です。
f0102814_15295529.jpg

さて食後はTVでフットボール観戦。この時期になると試合消化の為に木曜の夜にも試合があるんですよね。それを観出したんですけど、急にバーに行こうかって事に。我家の直ぐ前にはバーがあるんですよ。まだ外の雪は小振りだし、何となく旦那様も私もバーで試合の続きを観たい気になり、小走りに向かいました。2杯程ビールを飲んで家に戻りました。

あっ、バーにいる時Dがちょっと遅くなったけれど誕生日のプレゼント、ということで日曜日のChicago Bearsのゲームのチケットが手に入った事を教えてくれました!「キャ〜」って叫んじゃいましたよ。実はベアーズのファンだけれど、まだ一度もSoldier Field(ベアーズのホームグランド)へ生の試合を見に行った事が無いのです。とっても寒いだろうけど、今からとっても楽しみです。

さて、バーから帰ってもまだ10時半頃。雪が降ってるけど、車でクリスマスの装飾をしているお家を探索に行こう!って話になり、さっそく2人で車に乗り込みました。何か今夜はとっても活動的な2人。。。まずは近所をくるりと回ったけれど、取り立てて凄い家は見つからず。そしたらDが家から10分程のLogan Square(ローガンスクエア)にあるLogan Boulevard(ローガンブルバード)沿いにある家が毎年凄いからそこへ行ってみようって言うんで、言ってみる事に。

半信半疑で行ったら本当に凄かったです。かなり大きめな家なんですけど家の外壁じゅう、屋根、庭にもびっしり。今迄に見た中で最も派手且つすごい量でしたよ。お近くに住んでいる方がいらっしゃれば一見の価値ありです、行ってみて下さい。細かい場所を教えますよ。

それにしてもついに外はパラパラ雪からしんしんと積もるタイプの雪へと変わりました。朝起きたら銀世界かしら。。。
f0102814_15355143.jpg
f0102814_1536465.jpg
f0102814_15362694.jpg
f0102814_15375853.jpg
f0102814_15381715.jpg
f0102814_15393711.jpg
f0102814_15395019.jpg
f0102814_1540435.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-11-30 23:49 | Cooking & Baking

Stephen Colbert

f0102814_14382629.jpg

Stephen Colbert(スティーブン∙コベアー)を知ってますか?私もこの人を知ったのは確か半年ちょっと前かしら。。。今年のTime magazineの”最も影響力のある100人”にも選ばれてますが、多分日本人には余り馴染みが無い気がします。

彼はアメリカではかなり有名なコメディアンなんですけど、一応他にも俳優やったりライターやったりもしてました。見た目、日本人で言うと、懐かしの逸見正隆さん似。その風貌からはコメディアンとは思い難い、お固い外見。彼が有名になったのはアメリカのコメディーチャンネルであるComedy Centralの"The Daily Show"。そしてこの番組をスピンアウトして約1年程前から彼が始めた番組、同じくComedy Centralの"The Colbert Report"。これが最初の放映から大ヒット。今ではコメディー系の番組では最も視聴率を挙げる番組になりました。

さてこの"The Colbert Report"ですが、とっても面白いんです。番組のスタイルはニュース番組や政治番組(特にケーブルテレビでやっている政治トークショーである "The O'Reilly Factor"や"Scarborough Country")をパロディーにしてあるんです。風貌が逸見さん似、という事でそう言った真面目そうな番組がぴったりな見かけにして、パロディー風の番組なのでそこがまた面白みを増しているところだと思います。番組の中に色々なゲストを招いてのインタビューがあるんですけど、そのまたナンセンスなやり取りやゲストを逃がさない何とも言えない質問の仕方が笑えます。

旦那様Dがこの番組を観始め、私も最初は横目でチラッとしか観てなかったんですけど、今ではすっかりハマっていつも観ています。Dと同じく生まれは違いますが、育ちがサウスキャロライナ。とは言え、彼は全く南部訛りがありません。歳も近いです。お父さんを同じく10歳で無くしています。と、勝手に何だか共有部分を見つけて気に入っているようです。ちなみに彼は大学でNorthwestern大学に就学していました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Stephen_Colbert
http://www.comedycentral.com/shows/the_colbert_report/index.jhtml

今日も夕食時に"The Colbert Report"を2人で観てたので、ちょっと彼について紹介してみました。本日のディナーですが、Talapia(タラピア。白身の魚)です。塩こしょうしてバターで焼きました。ソースはレモン汁、白ワイン、バターを煮詰めたもの。添えた野菜にはプチトマトとアボガドをバルサミコ酢とオリーブ油を塩こしょうしたもの。そしてこの他にポテトのスキャロプスグラタン。スライスしたじゃがいもで作ったグラタンです。じゃがいものスライスがスライスしたホタテのように見えるので、スキャロプス(scallops)という名がついてます。どれも美味しく仕上がりましたが、じゃがいもで今でも(ディナー後3時間程立ちますが)まだお腹が苦しいです。。。(汗)
f0102814_14384032.jpg
f0102814_14385454.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-11-28 23:07 | Cooking & Baking

クリスマスに向けて ー その2

今日もまた温かかったシカゴ。大丈夫なのかしら?って何だか嬉しいのを通りこして不安になるくらいです。でもまた今日の予報で明日明後日の2日間は15度くらいの陽気になるとの事だけど、さすがに木曜日には華氏50度代から急転直下の20度代へと落ちるそうで。やっぱ、シカゴですね。本日も陶芸のクラスへ徒歩で行き、帰りは旦那様と中間地点で落ち合い、そこから更にお散歩へ出ました。

お散歩中、近所のクリスマスデコレーション状況をチェックしましたがちょっとずつ増えて来てます。私、あの大きな窓から家の中のクリスマスツリーが見える風景がとっても好きなんです。こちらの家は外(道)に面していても中が見えるようブラインドやカーテンを余してないんですよね。もちろん丸見えじゃあ困るようなベッドルームとかはちゃんとブラインドやカーテンがしてありますが、大抵外(道)に面しているのはリビングルームなので、この時期でなくても中の様子が結構簡単に見えるんですよね。そしてこの時期はクリスマスツリーが外からもしっかり見えるように(わざと)お飾りしている家がたくさんあります。

2人で歩きながら、「あ、あそこのツリーは大きいね」とか、「あの形いいね」(縦長いのとか、横に大きいのとか色々あるんで)他にも「あの電飾はちょっとやり過ぎだ」とか勝手に批評しまくりです。(笑)

さてクリスマスツリー以外にもちょっとづつクリスマスの雰囲気を盛り上げようと、我家内もちょっとづつお化粧です。今日の写真はトイレ。(爆)アメリカの匂い付きローションとかが好きな人には定番のBath Body Worksが毎年クリスマスに違った香りのシリーズを出しているのですが、今年はポメグランテ(ザクロ)バージョンです。去年その前は何だったか忘れましたがあまり好きな香りでなかったので買わなかったんですが、ザクロは気に入ったんで買ってしまいました。トイレのリキッドソープ、ハンドローション、ボディスプラッシュ(本来なら体に吹きかける様ですが、我家ではトイレの匂い消しに使用)とキッチンのリキッドソープを購入。4∙5年前に買ってまだ持っている(気に入って使ってますが、何せクリスマスの時期しか使わないので、あまり減りません。。。)物も一緒に写真に納めました。この古い物も何の香りか表現し難いのですが、とってもいい香りです。
f0102814_15485949.jpg


明日はダウンタウンへ出掛けなければならないので、もっと素敵なクリスマスの装飾をみつけられそうです。

さてサンクスギビングで余ったターキーで最後に作ったターキーのサラダです。これが大当たりでとっても美味しかったんです。毎年キャセロールにしたりただ単にスライスして野菜と挟むだけのサンドイッチだったんですけど、何となく作ったサラダ。日曜にいつものごとく、男性陣がBears(シカゴのアメフトチーム)の試合を観に来たので昨日は日本のカレーライスを作ったんですが、それともう1品ということで余り物を活用させて頂きました。冷蔵庫に眠っていたターキーを皮の部分を覗いてキューブ状に切り、スライスしたセロリ、みじん切りにした赤タマネギ、ドライクランベリーをマヨネーズと塩こしょうで和えただけ。甘いものとしょっぱいものコンビネーションのサラダが大好きな私にはターキー&ドライクランベリーのコンビネーションはもう言う事無し。簡単だし余り物処理に大助かりで今日も少し余ったのを軽くトーストしたウィートブレッドのパンでサンドイッチにしたら更に美味しかったです。
f0102814_15553636.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-11-27 23:30 | Cooking & Baking

クリスマスへ向けて

f0102814_166519.jpg

Thanksgivingの頃のシカゴは例年ならもちろん吐く息白い寒い時期。それなのに今年は本当に温かく(多分15度位はあったでしょう)お天気もとっても良かったんです。来週からは雪が散らつくくらいにグッと寒くなるらしい。。。最後の温かい天気を満喫すべく、このお休みは結構お散歩に明け暮れた気がします。

さて昨日我家のクリスマスツリーを引っ張り出して飾り付けしました。Thanksgiving Dayが明けるとみなホリデーシーズンのスタートという事で自宅の飾り付けを始めます。何度も書いている通り、今年は例年よりもスタートが早い気がするとは言え、例年通り、町中のクリスマスツリー用のモミの木を売る所などは例年通りに出店していましたね。たくさんのアメリカ映画で目にするように、この時期、町の至る所の空き地にはキャンピングカーみたいなのを伴った人達が沢山の切り倒して運んで来たモミの木やリースを売りにくるのです。そこへみな買いに行って車の屋根に積んでそれぞれの家にもって帰り、台に差してツリーを飾ります。

ちなみに我家では生の木は使った事がありません。お友達の家にあったんですけど、モミの木特有の香りがほのかにしていい雰囲気なんですけど、どうも勿体ない気がするのと(プラスチックの物が家にあるし)運ぶの大変そうだし、途中で枯れたらどうするの?ってちょっと???なことも多いし。。。という事で、いつも通り土曜日に我家でも今年の飾り付けをしました。

旦那様が仕事で出掛けている間にクリスマスソングを聞きながらテキパキと組み立て。飾りはいつもと一緒。シンプルなゴールド、シルバー、クリアー、赤の玉。(玉って何か変な言い方ですが。。。)それに小さな明かりを灯し、色の異なるポインセチアを周りに置きました。

この装飾、なんでもChic & Simpleが好きな私にはとってもピッタリとくるんですけど、Dは余り好きではないらしい。どうもシンプル過ぎるようで。なので今年は折角結婚したのもあるんで、ここはちょっと折れて今年から毎年、これ以外の飾りを1つずつ増やして行く事に。まだ今年のは見つけてないんですけど、近いうちにダウンタウンでやっているドイツのクリスマスフェアみたいなのに行って何か買おう。ちなみにこのフェア、毎年クリスマスまでの1ヶ月間ダウンダウンのデイリーセンターの催し用のスペースで行われているのですが、かなり大きなフェアでドイツから実際に沢山の職人さんやら店員さんが来て、クリスマスに因んだドイツの民芸品や食べ物(ソーセージやらシチュー、ホットワインなどなど)を販売しています。とても楽しい物なので毎年Dや友達と欠かさずに通っています。

ドアに飾る用の装飾も買ってあるのですが、引っ掛けるフックが家に無い。。。明日こそ忘れずに日曜大工屋で調達してこないと。今週からはまた普通の日が始まるんだけれど、今週末土曜日にはちょっと前からプランしてあるGingerbread House Partyを我家で行います。お友達が8人程我家に来て、みんなでジンジャーブレッドハウスを作るんです。来る人それぞれが色々なお菓子の装飾を持参するんで、8人いればかなりの種類が手に入るのでそれらを使ってそれぞれが思い思いのお家を組み立てて装飾をします。以前に東京にいる時にアメリカ人の友達が主催してくれてその時とても楽しかったので友達にやるけど来る?って声掛けたら意外にみんなからの反応があり、8名集まる事になりました。女の子だけでフィンガーフードをつまみながらホットワインを飲みつつ、おしゃべりを楽しみ且つクリスマスの雰囲気も楽しむ、というのが目的です。言い出しっぺで主催者なので予め8名分のジンジャーブレッドクッキーを用意しないと行けないのがちょっと大変ですが、数日前からちょっとずつ用意する予定です。それにしても楽しみ!
[PR]



by mlshappy | 2006-11-26 23:41 | Others

Thanksgiving Day - 当日 -

f0102814_1558390.jpg

あっという間にThanksgiving Break(感謝祭の休暇)が終わってしまいました。(まだ明日1日ありますが)前日に引き続き、当日もスローな出だし。ディナーに来ると行っていたお友達が体調が悪く来れなくなったとの事だったので結局旦那様と2人きりのディナーになる事が判明。それでも量を少なめに作るだけで結局は同じようなメニューを作るので手間は同じ。

まず当日最初に作ったのはグリーンビーンズのキャセロール。手抜きでこのメニューを作る場合はキャンベルスープ(アメリカでは缶詰スープの代名詞のような商品)のクリームオブマッシュルームを使って作るんですけど、我家は一応、ちゃんと作ります。簡単な作り方はホワイトソースを作り(我家はそこに玉葱やマッシュルームを入れます)それに茹でたグリーンビーンズを絡め、最後にフライドオニオン(これも定番でちゃんと揚げてある物が市販されています)を振り掛け、オーブンで焼き上げます。焼くのは最後、ターキーの仕上がり時間に合わせるのでオーブンに入れる手前までの準備をしておきます。

f0102814_15335130.jpg
f0102814_1534711.jpg
f0102814_1535613.jpg
f0102814_15352258.jpg


お次に作ったのはクランベリーソース。最初の頃はしょっぱいターキーとこの甘酸っぱいクランベリーソースの組み合わせがそれほど美味しいと思わなかったのですが、ここ数年はハマっています。ソースは本当に簡単で生のクランベリーを鍋に入れ、水をかぶるより少し少なめに入れ砂糖を入れます。お好みにより、オレンジジュースを入れたり、オレンジの皮をすり入れたりなど、オレンジクランベーリーにしても美味しいです。

f0102814_15394313.jpg
f0102814_1540069.jpg


午後からは解凍してあったターキーを室温に戻します。その後、Dと2人で近所へ散歩へ。この時期は信じられないくらい町に人気が無くなります。もちろんレストランや殆どのお店が午後からは閉まってしまい、交通量すらグンっと減ってしまいます。時折、外出する人や犬の散歩をする人を見かけるくらい。室温に戻したターキーに味付けをします。まずはバターを溶かし、刷毛で全体に塗り、その上から塩こしょうをたっぷりとします。また室温に戻しておいたバターに塩こしょう、ハーブ類(タイムとオレガノ)、ガーリックを混ぜます。これをターキーの身と皮の間(くっ付いているので手を突っ込んで皮を破らないように剥がして行きます)に塗り込みます。そうすることによって、身がとってもカスカスしガチなターキーをジューシーで美味しいものに仕上げる事が出来るんです。

f0102814_15464269.jpg
f0102814_15465578.jpg


散歩か帰って来てターキーに詰めるスタッフィングを作りました。これはまず野菜(玉葱、セロリ、人参)、リンゴ、ウォールナッツ、イタリアンソーセージを切ります。これをバターとガーリックで炒め、全てがしんなりして来たところで、クルトンを入れます。家では既にハーブなどのシーズニングがされてあるクルトンを購入するのでこれ以上の味付けは胡椒くらいです。そして最後にチキンスープを回し掛け、クルトンをちょっとしっとりさせます。これを室温までさまして、ターキーのお腹に詰めます。それからマッシュポテトも作成。

f0102814_15522221.jpg
f0102814_15523827.jpg


余ったスタッフィングは耐熱皿に入れ、更にチキンスープを掛け、オーブンで焼きます。今回のターキーはちょっと大きいので約3時間焼き時間を要しました。ターキーに生のうちに差し込んでおくと、焼き上がった時点(温度を察知して)で印がポンと飛び出る小さな道具があるのでそれを予め差し込んでおきます。

焼き上がる直前にスタッフィングの余りとグリーンビーンズのキャセロールをオーブンに放り込み最後の仕上げ。ターキーは焼き上がってから30分程そのままアルミ箔をかぶせて放置しておくと、切った時に肉汁が流れ出してしまわず、ジューシーに留まるそうです。ターキーを焼いた後のパンについたターキーのエキスとチキンスープでグレービーも用意。コーンブレッドは人数が少ないので今回は作らない事に。

f0102814_15583975.jpg
f0102814_1601422.jpg
f0102814_1602826.jpg


デザートにはパンプキンパイを。本当はこれにバニラアイスをしっかり乗せて食べたんですけどね。
f0102814_1624532.jpg


とまあ、こんな具合なサンクスギビングのディナーでしたが、この後、翌日のランチも残り物を。昨夜はDの友人宅へ呼ばれていたのでそこではハニーグレイズドのハムを頂きました。そして今日のお昼には残りのターキーを使ったサンドイッチを。これもサンクスギビング料理の残り物料理の定番。そして夜は「もうターキーはしばらくいいや。。。」って感じでどうしてもお魚が食べたかったので、Dと2人でお寿司屋さんへ行ってしまいました。まだもう少しターキーが残っているので、明日のランチもやっぱりサンドイッチかキャセロールでしょうか。。。(涙)
[PR]



by mlshappy | 2006-11-25 23:24 | Cooking & Baking

Thanksgiving Day - 前日-

f0102814_12465022.jpg

夕方4時頃には既に暗くなり始めるシカゴ。先日ダウンタウンへ出掛けた際、帰りにちょっと散歩がてらミシガン通りに寄り道して来ました。先週の土曜、毎年恒例のクリスマスライティングのイベント(ミシガン通りの街路樹に数万個のライトが灯ります)であるパレードが行われました。毎年、ミッキーマウスの乗ったカートが出るんで、子供達は大喜びのイベントです。
f0102814_12483280.jpg

どうです、きれいでしょ?ミシガン通り沿いには両サイドにたくさんのお店がありその店先にもこぞってクリスマスの装飾が施されます。この他にも町中がクリスマスツリーや沢山の装飾に包まれ、本当にきれいです。これからまた少しずつ、町の様子を写真を撮ってご紹介したいと思います。

さてさて、本日はThanksgiving(感謝祭)の前日であります。当日のストレスを取り除くため、沢山の人が今日から出来るだけ準備を始めます。家はそんなに沢山料理するわけではないのでそんなに準備は必要でないのですが、とりあえず凍っているターキーの解凍とパンプキンパイを焼きました。
f0102814_12501589.jpg

ターキーはスーパーでは凍った状態で売っています。買って来てからも料理する迄は冷凍庫にて保存します。解凍時間はターキーのサイズによって違いますが、今年我家へやって来たターキー君は約10パウンド(約4.5kg!デカっ)これを正午位からキッチンのシンクへお水を溜めて泳がせてあります。このまま一晩泳がせたままで明日の午前中に味付けを始める予定です。
f0102814_12521460.jpg

パンプキンパイはめちゃくちゃ簡単!オーブンを前もって温めている時間の方が長く掛かる位早く準備出来ちゃいます。使っているレシピはパイに使うパンプキンの缶詰(Libby社)のラベルに記載されている物です。このレシピ、侮れません。今迄に何度も他のレシピも試したのですが、このレシピで作った物が一番みんなに好評なのです。一番最もシンプルでパンプキンパイらしいからかも知れませんね。(ちなみにレシピにある砂糖の量だけはほんの少し減らして作ります)こういったお菓子類はやっぱり1日前に作った方が馴染んで美味しくなる気がします。明日はこれにバニラアイスクリームを添えてデザートです。
f0102814_12544215.jpg
f0102814_1254579.jpg
f0102814_12551598.jpg


次回はその他の料理(もっとメインを)紹介したいと思いますが、その前に、本日のディナーです。明日からの「ターキー攻め」な日々を前に、本日はお魚をメインに。でもちょっと先日のビーフストロガノフ用のお肉が残っていたのでそれも一緒に焼いて添えました。Trader Joe'sで初めて買ってみたAhi Tuna(キハダマグロ)のフローズン。ターキーの横で一緒に泳がして(ちゃんと真空パックになっているんで)解凍しました。それを塩こしょうしてオリーブオイルで焼きました。そうそう焼いたのは先日アウトレットで手に入れたグリルです。まだちょっときれいな網目の焼き目が付けられませんが。。。ソースにはこれまたお初で試した、バルサミコ酢を煮詰めた物にパターをちょっと入れたもの。これが大ヒット。魚にも一緒に添えたお肉にも抜群に合いました。お野菜はしばらく全米でしばらく発売が禁止されていたホウレン草(O157が数ヶ月前に発生して亡くなった方がいた為)を使ったシンプルなソテーです。

f0102814_12562416.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-11-22 21:15 | Cooking & Baking

買い出し

先週金曜日に今週木曜日のThanksgiving Dayの為の買い出し第1弾に行きました。前にも書いた通り、この祝日の前頃はスーパーがとっても込み合うのです。おまけに通常はだいたい24時間営業(日曜の寄るだけ夜中の12時に閉まる)の主要なスーパー(シカゴの主要なスーパーにはJewelとDominick'sと言うのがあります)もこの日ばかりは半日で閉まってしまうので、みんなこぞって買い物に行くのです。

まだアメリカに来て日が浅い日本人の方は、このThanksgiving(感謝祭)やJuly 4th(独立記念日)、そしてX'masの日に日頃は定休日もなくオープンしているスーパーが突然閉まってしまい、痛い目に会う、と言います。私は買い忘れなどないように、そしてなるべく閉まる日の午前中に行かなくて済むように前もってのお買い物を心掛けております。

第1弾の買い物は主にターキー(七面鳥)、ハム、芋類、缶詰類など、早めに買っておかないと手頃なサイズが無くなってしまうかもしれないもの、そして保存が容易な物を購入しました。そして明日の夜(火曜日)、24時間営業である利点を生かして、遅い時間に野菜類や第1弾での買い忘れ材料を購入する予定です。

以前紹介した通り私が作るのは典型的なお料理。ターキーにスタッフィングで詰め物をしてローストしたもの、ターキーに掛けるグレービーソースとクランベリーソース、グリーンビーンズのキャセロール、ガーリック風味のマッシュポテト、コーンブレッド、ヤムイモのペーストにマシュマロを乗せて焼いたもの、パンプキンパイなど。Thanksgivingは通常みなそれぞれの家族や親戚が集まってお祝いするので私達のお友達も大抵はそれぞれの家族や親戚のもとへ行く予定なので、それほど沢山の来客がある予定ではないのですが、万一来客が増えたときの為に、ハムの固まりも購入。使わなかった時はクリスマスに食べれる様、賞味期限はバッチリ。ブラッセルスプラウト(芽キャベツ)も買っておく予定です。

さてThanksgiving(感謝祭)とはその名の通り、秋の収穫を(神様に)感謝するというお祭り。ニューヨークで行われるパレード(Macy'sという有名なデパートが主催で)はとても有名だと思いますが、全米の主要各地でも行われ、当然シカゴでも行われます。パレードの模様は各地のローカルTVで紹介されます。ちなみにシカゴのパレードはミシガン通りで行われるんですけど、見に行った事はありません。(だって、凄い人なんだもん。。。)

パレードの他の定番と言うとフットボール。この日はNFLの試合も当然行われるのですが、カレッジのゲームを沢山行われるので、女性陣が忙しく台所で料理をしている間も男性陣が退屈する事がないのです。(と言っても、多くの男性がターキーを焼いたり揚げるのを担当するのも結構浸透してますけどね)

久しぶりに家族や親戚、或は友人が集まってわいわいがやがや、TVを観たり話したり食べたりと楽しい時間を過ごすので、アメリカでは本当に大きなお祝いの一つです。メニューもいつもいつも食卓に昇るものでもないのですが(特にターキー)、このお祝いに食べると本当に美味しく感じます。ターキーには眠くなる成分が含まれていると言われ、お腹いっぱいに食べた後必然的に眠たくなるのは去ることながら、その成分の働きで全米中が眠りに落ちてしまいます。(笑)

Thanksgivingの翌日からはホリデーシーズンの本格的な幕開けです。冬のシカゴは寒くてあまり好きではないのですが、やはりこの時期、たくさんのイベントを通して家族の団欒や友達との交流が更に増えるので1年の中でもお気に入りの時期ですね。
[PR]



by mlshappy | 2006-11-20 23:53 | Others

飲みっぱなし

f0102814_12322358.jpg

私事ですが昨日、18日は私の誕生日でした。ディナーは旦那様Dが私のお友達を呼んでのサプライズパーティーを企画してくれており、すっかり填められてしまいました。いつもはそう言う前もって何かを企画するのが苦手な彼、仲良しの友達も手伝ってくれたらしく、私は全く予想すらしてなかったんですよ。

前日、金曜の夜はまたもや予定してなかったけど、Dのお友達が2人ディナーに来る事になり、急遽4人分のメニューに変更。友達がそれぞれ2本ずつワインを持って来てくれてたけれど、ディナー終了の頃には4本は既に空き瓶状態。その後、何かしよう、ってことになって近所のボーリング場へ腹ごなしのボーリングへ。もう一人の友達も参加して5名で2ゲームしました。ゲーム中も引き続き飲んでたので、私も結構酔っぱらい状態。

めちゃめちゃなスコアでボーリングを終了し、既に夜中の12時を廻っていたので誕生日を祝おうってことで直ぐ近くのバーへ。そこでバーテンダーにフリードリンクのショットをごちそうになるなど、もうヘロヘロ。ヘロヘロだけど苦し紛れに食べて飲んだカロリー消費に踊ってました。この辺からでしょうか、ちょっと記憶が途切れ途切れに。。。

自宅に戻って来たのは午前2時頃。久々の午前帰宅!っても、旦那も一緒だから全く問題なし!2人の友達も何故か私達の家に戻って来ましたが、一人は直ぐに帰路に。もう一人、Dの親友Kはいつの間にかソファーで寝てしまったんで、ブランケットを掛けてあげ私も床につきました。どうやら彼はそのまま朝9時頃まで眠ってしまい、私達は起こさずに帰宅。私達は11時頃まで寝てしまいました。

久々の二日酔いです。頭痛薬を飲んで、お昼頃までゴロゴロ。起きてシャワーを浴びてからはDと一緒に近所へ散歩へ行ったりとのんびりした1日を過ごしました。ディナーは数日前からDがレストランを予約してあるから、と言っていたのでそのつもりにしていたのですが、今ひとつ二日酔いが抜けきらないので、「外食せずにお家でゆっくりしてもいいよ〜」って言ってたくらい。でも彼、「外に行けばまた気分もすっきりするし、折角だから行こうよ!」っていうので支度をして出掛けました。

レストランについて中に入るとまずはお友達のご夫婦がいて、Dが「あれ〜、ここで何してるの?」なんて今考えれば白々しいことを言ってたのですが、全く気がつかない私は本当にたまたま彼らもディナーに来ていただけと思ってました。そしたら突然、「お誕生日おめでと〜」ってプレゼントの入ったバックを差し出され、びっくり!。アゴが落ちました。

そして奥に入るとあれまー、知った顔がたくさん。。。ブログのお友達のNonoさんやNさん、彼女達の旦那様達、大学の時からの友達のCとYなどなど、総勢15名のお友達が集まって下さいました。もう、私は幸せ者ですよね。わざわざ来てくれたお友達のみんなに感謝するとともに、企画してくれたDにも感謝です。ディナーの後は2件のバーをはしごしました。ちなみに私はこの日はアルコールは殆ど飲めなかったんですけどね。(爆)

週末3日続きで暴飲していたD、金曜の暴飲の反省も兼ねた私は本日休肝日。正午から始まったChicago Bearsのゲームを観戦し(もちろん勝ちました!)お散歩へ。夕食はDのリクエストでビーフストロガノフを作りました。
f0102814_12452314.jpg
ディナーの前には散歩の際に寄ったスーパーで売っていたオクラを揚げてフライドオクラを作りました。
f0102814_12534631.jpg
同じくスーパーで今年初で見かけたナッツのバックを買ってきました。この冬の時期になると、ミックスナッツが殻付きでよく売られています。殻を割る小さな道具やくるみ割り人形(あまり人形を使う事はない様ですが)を使って食べる時に殻を割って食べます。市販のミックスナッツと違って塩味がなく自然の味だけですが、私はこの食べ方が好きですね。私に取っては冬の風物詩の一つです。

f0102814_1246611.jpg
f0102814_1247084.jpg
左からウォールナッツ、???(名前の分からないナッツ)、ヘーゼルナッツ、アーモンドです。今日買ったのは既にミックスしてあるものでしたが、スーパーによっては自分で好きなナッツを好きなように混ぜれるようにして売ってあります。
[PR]



by mlshappy | 2006-11-19 21:45 | Cooking & Baking

バラバラ。。。

近頃自由な時間がめっきり増えて復活した趣味があります。編み物!

小さい頃からどちらかというと辛気くさい、こういう作業が好きなんですよね。自分のマフラーを編んだり、高校や短大の頃にはセーターとか編んだりしてました。左利きな母が一生懸命、右利きの私に棒針編みとかぎ針編みの両方を教えてくれました。でもそんな時間も無くてすっかりご無沙汰してましたが、晴れて復活。

ふと思い出して1ヶ月程前に日本に居る姉から手編みセーターの本を送ってもらいました。こちらの製図で試してみた事がなかったので、その前に手芸用品店(シカゴの辺にはJo-Anneや
Michaele'sというのがあります)でチェックしたのですが、はっきり言ってアメリカのは分かりづらい。。。日本みたいな製図自体がなく(一部は載ってるときもあるけれど)言葉で説明してあるだけ。その説明も今ひとつ「???」となってしまう。なのでちょっと面倒な事になったけど、優しい姉の好意に甘えて送ってもらう事にしました。

届いた本、「久しぶりに編むから簡単そうなのをね」とリクエストして男性用のセーターが載っている物を依頼。写真の中から気に入った物を旦那様Dに選んでもらいました。久しぶりとは言え、一応、毎年マフラーだけは1本づつちゃちゃっと編んでたんですけどね。セーターは初めてなのでDも大喜び。今手持ちのセーターにないパターンの、前にジッパーをつけて襟がちょっと立つセーターを選択。色は写真と異なるベージュっぽいのにムラムラと他の色が入ったもの、とのリクエスト。

前述のJo-Anneというお店にさっそく棒針、毛糸玉などを買いに。で、そこでハッと気づいたのは、日本の製図にある棒針の号数や毛糸の細さなどなど、一体サイズはアメリカと一緒なんだろうか。。。?インターネットでちょっと探してみたが該当する情報が見つけられず、諦めて店へ行く事に。店員にでも聞こうと思ったけど、やっぱり知らないらしい。運良く、基本的な編み方の他に基本的な知識も書いてあったこの本に、どうにか実物大の毛糸の写真を発見。その毛糸とお店で見つけた物とを照らし合わせて同じ位の太さの物を購入。棒針はその毛糸のラベルに指定された物を購入しました。

ゲージをとったらちょっと大きく仕上がってしまったので、実物を編む時は固めに編む事に。

ちなみに棒針ですが、日本だと私の知る限り、号数が1単位づつ増えるのですが、アメリカのは.5づつなんですよね。日本では滑りがいいので竹で出来た針を好んで使っていました。アメリカではもっぱらステンレスみたいなのやプラスチックが主流。唯一、日本の編み物系で有名な会社が「匠」というシリーズで竹針を売ってましたが、私の毛糸が指定する10.5が無かった為に泣く泣くプラスチックのものを購入。やっぱり使いづらい。。。

時間はあるものの、他にも結婚式の準備などやらない事もあったり、編んでも気に入らなかったりしてほどいたりしているのでなかなか進まず、現時点で前みごろ、両腕が出来上がり、後ろみごろを編んでいる所。
f0102814_15532594.jpg
f0102814_15534448.jpg
f0102814_15535851.jpg
でも先日、両腕をDに当ててみた所、どうやらちょっとキツそう。冬場、下にたくさん着込むからちょっと緩めにしといて欲しい、と言われたのでこの写真の両腕ももう一度ほどいて編み直しの予定。模様がないんで、結構早くは編めるんですけどね。まだ先は長そうです。

このバラバラ事件状態。早くて1週間程で仕上げたいんですけど、このままのペースだったらきっとクリスマスプレゼントになってしまいそう。って、その方が、1個、プレゼントを考える手間が省けていっか?!

さてついでに本日のディナーです。最近、どうもワンプレート系が多いですね。本日もシーフード中心ですが、ヒラメのソテー、エビのクリームソースにエッグヌードル添え、そして茹でたブロッコリーです。
f0102814_15565960.jpg

[PR]



by mlshappy | 2006-11-16 23:25 | Cooking & Baking

あれま〜

まだまだ随分と先の話だと思っていた感謝祭(Thanksgiving Day)が気がつくと来週だった。ちょっと前にも書いたと思うんですけれど、今年はどうもクリスマス商戦が前倒しに始まっているような気がして、もう既に周囲はホリデーシーズンの装いをみせていて、帰ってThanksgivingの事を忘れさせられていたような気がします。

けど、ちゃんと来週の木曜にやって来る〜。という事で、スーパーでも確かに5日程前に行った時位からあの大っきいターキー(七面鳥)がゴロゴロと売られています。大学の時にアメリカ人の親友母から教えてもらった典型的なサンクスギビングの料理を毎年作っているので、今年も例年通り、家で作る予定です。東京に居るときも何やかんやと言いつつ、毎年作ってたなあ。。。

去年も数人の友達と旦那様D(当時はただのボーイフレンドでしたけど)が来てお祝いしました。今年も同じような感じ。ターキー、グリーンビーンズのキャセロール、スタッフィング(ドレッシングともいいますが)、ガーリックマッシュポテト、コーンブレッド、グレービー、クランベリーソース、ヤム芋のマシュマロ乗せ焼き、パンプキンパイ、とこんな所でしょうか。これに周囲をハニーでグレーズしたでっかいハムを焼く家庭も多いのですが、我家はそんなに作ったらお腹破裂しちゃうので、ハムはクリスマスにしています。これもとっても美味しいんですけどね。

毎年、TVの料理番組でも伝統的で典型的なメニューからちょっと趣向を凝らしたものなどを紹介しています。お母さんや奥様達はもう前日から大忙し。大きいターキーを解凍し始めるのなんて、3日位前からだったりして大変です。そして何より私が嫌いなのは、この時期位からスーパーに行くともう人、人、人でウンザリする事。なるべく夜の10時以降とかにひっそりと行くようにしています。(我家の周囲はとっても安全なんで一人で車で行っても全然平気なんで。)

来週は是非、サンクスギビングのお料理をご紹介したいと思います。乞うご期待!
[PR]



by mlshappy | 2006-11-14 23:46 | Events

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧