from Windy City

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧




生まれました!

8月23日(日)午前10時13分、我家に娘が生まれました。
f0102814_13213558.jpg


そう、週末に赤ちゃん産んでたんです。(笑)土曜の夜、テレビでベアーズのプレシーズンゲームを観ていた頃からなーんとなく、いつもと違う感覚の腹痛があり、「もしかして。。。?」なんて思いつつ過ごしていました。真夜中になるちょっと前にロスコーのトイレに付き合って裏庭に出た時は、更に「もしかして。。。?」度が高まり、その後、シャワーを浴びて万一に備えます。午前1時頃には、更に確実さが増して来る中、出来るだけ眠ろうと就寝。それでもトイレに近いは、陣痛の痛みが感覚が空いているにしても来る中あまり眠れず。そして午前4時半にいわゆるお印と呼ばれるものが出現。それでも更に我慢。病院へ早く行き過ぎて追い返されるのは嫌ですからねぇ。

結局5時半頃には陣痛が5分間隔に近づいたため、旦那様Dも起こし、ロスコーにもトイレをさせたりと出発準備。6時過ぎには病院に到着。

そしてここで仰天。

そのまま病院に残るか自宅に帰されるか判断する診断で、な、なんと、突然、「逆子なんで、このまま直ぐに帝王切開します。」と言われたんです。

日本も多分同じだと思うんですけど、アメリカでは妊娠36週目で逆子か通常かをちゃんと確認するんです。そこで逆子と確認されたら動かせるものなら力任せに押して向きを修正したり、エクセサイズをして修正したり、修正出来る場合は前もってするんですよ。無理な場合は、その時点で帝王切開の日程を決めるんです。

私?36週目でも最後の検診となった出産日より4日前に行った際も、「問題な〜し」の自然分娩予定だったんです。なのに一体、最後の4日間になにが起こったのか知りませんが、最後の最後に冷たい宣告を受け、心の準備もないまま、Dと呆然としつつも全てが進んで行きました。

OBトリアージ(最初の確認の検診をするところ)から麻酔室へ血液検査を経て直行。その間も陣痛の痛みは感覚は短くなり強くなる一方。脊髄に麻酔をするための局部を麻酔します。もうこの時点で完全に怯え切っている私。今更引き下がれない、逃げられないと判りつつもまだどうにかならないかと考えてしまう私。(苦笑)少しでも緊張をほぐそうとするD、そんな彼の方が「ヤバい。。。」と怯えているのが私には手に取るように判ってしまいます。(苦笑)

そこからも息付く間もなく手術室へ。執刀医やら麻酔医師、インターンの学生やらが次々に挨拶に来るも、そんな会話に余裕なんて出ず、引きつっている自分が判ります。そして下半身麻酔が恐ろしい早さで効いてくると同時に帝王切開がスタート。下半身麻酔だから自分の意識はバッチリ、医師やら看護婦さん達の会話が全て耳に入ります。インターンに説明する先生の一言が今もクリアーに耳に残っている。。。「ここは○○」「そこは××」、「おお、これはきれいな筋肉(マッスル)だぁ」って。はい、筋肉を褒められてました。(爆)

下半身は麻酔で全く感覚ないですが、上半身は動いちゃいけないので腕を手術台に縛り付けられるんです。これが更に恐怖心をあおるんですけどねぇ。同伴したD、看護婦さんに万一、気分が悪くなったら手遅れになる前に退室するように言われます。怯える私を必死にねぎらい元気付けてくれます。カーテンで切開の場面は直視出来ないものの、やっぱり見えるモノもあったり、洋服の上に着させられた緑の手術着とマスクで苦しいは、麻酔の副作用で寒く感じ、また恐怖で全身が震えまくる私の為に部屋の温度も揚げられており、途中でDはリタイア。それまではかなり頑張ってくれてたんですけどね。やっぱりダメでした。(爆)「置いてかないで。。。」「わ、私も出て行きたい」と心の中で叫びつつ、「私は大丈夫。ちゃんと産むから心配しないで待っててね」と強がりを言ってみる。そしてその数分後にはもう産声を聞く事が出来ました。

誕生の際にはDもまた直ぐ横の部屋に戻って来ており産声第一声を聞く事が出来ました。その後、赤ちゃんとDは横の部屋、私は引き続き残りの作業を施してもらい、午前11時には手術室を後にし、病室へと移動。麻酔のため、赤ちゃんをなかなか抱かしてもらえず、悲しい思いでしたが、看護婦さんにきれいにして頂いた後はDに抱かれる娘をベットからみつめます。「これがこれから長ーいお付き合いになる娘との対面」でした。感動に浸る旦那様Dと一緒に新しく誕生した娘とこれからの幸せを共に祈りました。

自然分娩だと基本的には約24時間で自宅に返されるアメリカ。帝王切開だとちょっとばかし延びて経過が順調であれば3泊4日で退院させられます。日本だとどっちにしろ、1週間でしょ?それに比べると早い早い。入院中はとっても親切な看護婦さん達が本当に色々よくして下さいました。仲好しのお友達もお見舞いに来てくれて嬉しかったぁ。麻酔が完全に切れるまでにかなり時間は掛かるし、副作用でかなり気分が悪くなり、出産の翌日もなかなか普通の食事に戻れませんでした。が、赤ちゃんは順調。すこぶる順調!嬉しい限りです。

そして本日、切開の傷口の痛みはまだまだあるものの、無事退院して赤ちゃんと一緒に自宅に戻って来ました。やっぱりお家はいいですねぇ。まだ最低でも1週間は絶対安静を言い渡されてますが、ゆっくりさせてもらいつつも、やっぱり赤ちゃんの世話があります。よく寝てよく食べてもくれるのでかなり手が掛からず助かってますけどね。ロスコーは明日までペットホテルです。既に、娘の臭いのついたブランケットを匂わせてあり、彼女の新しい存在を認識させてあります。そして明日、ドキドキのご対面を果たします。ここで家族との上下関係が正確にロスコーに認識させるため赤ちゃんが家に先に居る状態で彼を連れて帰ってくるのです。予め、ブランケットで臭いで面識も出来てますからね。後は、嬉し過ぎて飛び付いたりしないよう教える必要があります。

これからまた育児で忙しくなるかと思いますが、また時間のある時に赤ちゃんの経過なども報告したいと思います。授乳用に用意したイスですが、何故かロスコーは彼専用イスと勘違いしてます。(笑)
f0102814_1322770.jpg

[PR]



by mlshappy | 2009-08-26 22:29

Hello!!!

f0102814_1115621.jpg
皆様、長い長〜い間のご無沙汰でした。このブログ始めてから最長のお休み(サボり?)だったでしょうか。(笑)すっかり夏も終わり?そうシカゴは8月末に入ると秋の気配が漂って来たりしちゃいますからねぇ。どのみち、今年は変な夏なんです。涼しかったり、突然暑かったり、雨が続いたり、などなど、なんだか夏らしい夏日は数える程。このまま秋になったら許せないくらいです。(苦笑)

便りのないのは元気な証拠、ここ3ヶ月程も家族全員(旦那様Dも犬ロスコーも私も)とっても元気にしていました。そして赤ちゃん。未だ産まれてないですよ〜。予定日は1週間を切っているので、もういつでも体制には入ってます。ベービーガールの予定ですが、彼女も元気にお腹の中で動き回っています。

3ヶ月って長いようで短いですね。この間、ボヘッとしてたのは結構束の間でして、かなりアクティブに動き回っていました。妊婦とは思えないくらいのフットワークで周囲からはちょっと心配されるくらいでもあったんですが、おかげさまでいつもと変わらぬ生活が反対に自分には良かったと思います。妊娠生活もつわりも食べ物の好みが変わる事さへなく、時には自分が妊娠してるのを忘れるくらい。(笑)もちろん、好きなお酒やカフェインにチーズはちゃんと止めてましたけどね。それらが解禁になるのが待ち遠しいです。あっ、もう今では忘れそうですが6月末には引越もしました。
f0102814_1125175.jpg
 (ロスコーの新しい寝床スペース)
新居っていっても新築ではなく、シカゴによくある古いブリックのビルですけどね。旦那様Dがもう随分前から所有するところなので、気兼ねなく生活が遅れます。(大家さんの目を気にしなくっていいですからねぇ。笑)ベースメントを日本人の男の子が借りてくれていて、1階はここ3年以上も住んでくれているとってもナイスなアメリカ人男性が住んでおり、私達が2階に越して来ました。ゆくゆくは3階の天井部屋と2階とをディープレックスにしてリフォームするのがDの夢。裏庭も前の家よりも心持ち広いのでロスコーもとってもお気に入り。1階の住人さんもレッドボーンクーンハウンドという種類の大きな赤茶色の可愛いメスの犬を飼っており、ロスコーとも大の仲好し。ロスコーにとってもとっても快適なお家となっています。裏庭菜園も大収穫期を向かえ、トマト(イエローやらチェリー、ビーフなど種類も豊富)やグリーンビーンズにキュウリなんかも採れて我家の食卓を彩ってくれます。例年通りお庭でBBQがだ〜い好きなD、今年も住人達やらお友達を招いては趣向をこらしたクックアウトが繰り広げられてます。

お祝い事もありましたよぉ。8月12日は私達の3度目の結婚記念日。もう4年目に突入だなんて。。。早い!そして17日はDのお誕生日。週末はDの高校時代からの仲好しがサウスキャロライナから遊びに来ており、Dにとってはそれがとっても嬉しいギフトとなりました。一緒に観光したり、ちょうどシカゴはウォーター&エアーショウなんかもあったんでお友達も楽しんでくれたようでした。

今週末には近所でBucktowon Art Festivalが開かれます。もちろん犬もOKなので家族揃って遊びに行く予定。なーんて予定立ててたら、出産で病院だったりしてっ。(笑)それも良し、な今日この頃。またこのブログで色々ご報告したいと思います。懲りずに読んで下さいね〜。
f0102814_1135297.jpg
f0102814_1141266.jpg

[PR]



by mlshappy | 2009-08-20 00:34 | Others

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧