from Windy City

上手くやってけそうです

f0102814_12362651.jpg
娘が誕生してとっても心配だったのが、愛犬、ロスコーと上手く共存出来るか?って事。もうすぐ2歳になるロスコーですが、子供が大好きなのは良いのですが、嬉しくてエキサイトするとハイパーになるし直ぐに舐めようとするんです。それによく色んな人に言われるのが、今まで注いでいた愛情が赤ちゃんへ向いてしまって、それに対して焼きもちを犬が焼いてしまうそうで。でもおかげさまで、焼きもちを焼く事も無く、仲良くやってくれそうです。娘が泣くと大丈夫かなぁとロスコーが心配気に覗きに行ったり、私が授乳していると側に寄って来て尻尾をブンブン振りながら娘の頭を匂ってます。(苦笑)

産まれてから10日しか経ってないのですが、今のところとっても楽チンな育児です。夜も3時間から長い時は5時間続けて眠ってくれるので、私も睡眠が十分取れるんです。これは本当に助かります。授乳も母乳一本でやってます。私の母乳の出もいいし、娘も上手に飲んでくれてスクスクと育っています。実は帝王切開だったんですが、傷口の痛みも随分と癒え、階段の上り下りもゆっくりだと痛みもなく出来るようになりました。ここ数日はとっても気持ちのいい天気なので少しですが近所をロスコーと娘と3人で散歩出来るまで回復しています。短い短いシカゴの秋、寒くなって外を散歩出来なくなってしまうまでにあまり時間は掛からないので、出来るだけ満喫しないとね。(笑)
[PR]



# by mlshappy | 2009-09-02 22:23 | Roscoe (Dog)

生まれました!

8月23日(日)午前10時13分、我家に娘が生まれました。
f0102814_13213558.jpg


そう、週末に赤ちゃん産んでたんです。(笑)土曜の夜、テレビでベアーズのプレシーズンゲームを観ていた頃からなーんとなく、いつもと違う感覚の腹痛があり、「もしかして。。。?」なんて思いつつ過ごしていました。真夜中になるちょっと前にロスコーのトイレに付き合って裏庭に出た時は、更に「もしかして。。。?」度が高まり、その後、シャワーを浴びて万一に備えます。午前1時頃には、更に確実さが増して来る中、出来るだけ眠ろうと就寝。それでもトイレに近いは、陣痛の痛みが感覚が空いているにしても来る中あまり眠れず。そして午前4時半にいわゆるお印と呼ばれるものが出現。それでも更に我慢。病院へ早く行き過ぎて追い返されるのは嫌ですからねぇ。

結局5時半頃には陣痛が5分間隔に近づいたため、旦那様Dも起こし、ロスコーにもトイレをさせたりと出発準備。6時過ぎには病院に到着。

そしてここで仰天。

そのまま病院に残るか自宅に帰されるか判断する診断で、な、なんと、突然、「逆子なんで、このまま直ぐに帝王切開します。」と言われたんです。

日本も多分同じだと思うんですけど、アメリカでは妊娠36週目で逆子か通常かをちゃんと確認するんです。そこで逆子と確認されたら動かせるものなら力任せに押して向きを修正したり、エクセサイズをして修正したり、修正出来る場合は前もってするんですよ。無理な場合は、その時点で帝王切開の日程を決めるんです。

私?36週目でも最後の検診となった出産日より4日前に行った際も、「問題な〜し」の自然分娩予定だったんです。なのに一体、最後の4日間になにが起こったのか知りませんが、最後の最後に冷たい宣告を受け、心の準備もないまま、Dと呆然としつつも全てが進んで行きました。

OBトリアージ(最初の確認の検診をするところ)から麻酔室へ血液検査を経て直行。その間も陣痛の痛みは感覚は短くなり強くなる一方。脊髄に麻酔をするための局部を麻酔します。もうこの時点で完全に怯え切っている私。今更引き下がれない、逃げられないと判りつつもまだどうにかならないかと考えてしまう私。(苦笑)少しでも緊張をほぐそうとするD、そんな彼の方が「ヤバい。。。」と怯えているのが私には手に取るように判ってしまいます。(苦笑)

そこからも息付く間もなく手術室へ。執刀医やら麻酔医師、インターンの学生やらが次々に挨拶に来るも、そんな会話に余裕なんて出ず、引きつっている自分が判ります。そして下半身麻酔が恐ろしい早さで効いてくると同時に帝王切開がスタート。下半身麻酔だから自分の意識はバッチリ、医師やら看護婦さん達の会話が全て耳に入ります。インターンに説明する先生の一言が今もクリアーに耳に残っている。。。「ここは○○」「そこは××」、「おお、これはきれいな筋肉(マッスル)だぁ」って。はい、筋肉を褒められてました。(爆)

下半身は麻酔で全く感覚ないですが、上半身は動いちゃいけないので腕を手術台に縛り付けられるんです。これが更に恐怖心をあおるんですけどねぇ。同伴したD、看護婦さんに万一、気分が悪くなったら手遅れになる前に退室するように言われます。怯える私を必死にねぎらい元気付けてくれます。カーテンで切開の場面は直視出来ないものの、やっぱり見えるモノもあったり、洋服の上に着させられた緑の手術着とマスクで苦しいは、麻酔の副作用で寒く感じ、また恐怖で全身が震えまくる私の為に部屋の温度も揚げられており、途中でDはリタイア。それまではかなり頑張ってくれてたんですけどね。やっぱりダメでした。(爆)「置いてかないで。。。」「わ、私も出て行きたい」と心の中で叫びつつ、「私は大丈夫。ちゃんと産むから心配しないで待っててね」と強がりを言ってみる。そしてその数分後にはもう産声を聞く事が出来ました。

誕生の際にはDもまた直ぐ横の部屋に戻って来ており産声第一声を聞く事が出来ました。その後、赤ちゃんとDは横の部屋、私は引き続き残りの作業を施してもらい、午前11時には手術室を後にし、病室へと移動。麻酔のため、赤ちゃんをなかなか抱かしてもらえず、悲しい思いでしたが、看護婦さんにきれいにして頂いた後はDに抱かれる娘をベットからみつめます。「これがこれから長ーいお付き合いになる娘との対面」でした。感動に浸る旦那様Dと一緒に新しく誕生した娘とこれからの幸せを共に祈りました。

自然分娩だと基本的には約24時間で自宅に返されるアメリカ。帝王切開だとちょっとばかし延びて経過が順調であれば3泊4日で退院させられます。日本だとどっちにしろ、1週間でしょ?それに比べると早い早い。入院中はとっても親切な看護婦さん達が本当に色々よくして下さいました。仲好しのお友達もお見舞いに来てくれて嬉しかったぁ。麻酔が完全に切れるまでにかなり時間は掛かるし、副作用でかなり気分が悪くなり、出産の翌日もなかなか普通の食事に戻れませんでした。が、赤ちゃんは順調。すこぶる順調!嬉しい限りです。

そして本日、切開の傷口の痛みはまだまだあるものの、無事退院して赤ちゃんと一緒に自宅に戻って来ました。やっぱりお家はいいですねぇ。まだ最低でも1週間は絶対安静を言い渡されてますが、ゆっくりさせてもらいつつも、やっぱり赤ちゃんの世話があります。よく寝てよく食べてもくれるのでかなり手が掛からず助かってますけどね。ロスコーは明日までペットホテルです。既に、娘の臭いのついたブランケットを匂わせてあり、彼女の新しい存在を認識させてあります。そして明日、ドキドキのご対面を果たします。ここで家族との上下関係が正確にロスコーに認識させるため赤ちゃんが家に先に居る状態で彼を連れて帰ってくるのです。予め、ブランケットで臭いで面識も出来てますからね。後は、嬉し過ぎて飛び付いたりしないよう教える必要があります。

これからまた育児で忙しくなるかと思いますが、また時間のある時に赤ちゃんの経過なども報告したいと思います。授乳用に用意したイスですが、何故かロスコーは彼専用イスと勘違いしてます。(笑)
f0102814_1322770.jpg

[PR]



# by mlshappy | 2009-08-26 22:29

Hello!!!

f0102814_1115621.jpg
皆様、長い長〜い間のご無沙汰でした。このブログ始めてから最長のお休み(サボり?)だったでしょうか。(笑)すっかり夏も終わり?そうシカゴは8月末に入ると秋の気配が漂って来たりしちゃいますからねぇ。どのみち、今年は変な夏なんです。涼しかったり、突然暑かったり、雨が続いたり、などなど、なんだか夏らしい夏日は数える程。このまま秋になったら許せないくらいです。(苦笑)

便りのないのは元気な証拠、ここ3ヶ月程も家族全員(旦那様Dも犬ロスコーも私も)とっても元気にしていました。そして赤ちゃん。未だ産まれてないですよ〜。予定日は1週間を切っているので、もういつでも体制には入ってます。ベービーガールの予定ですが、彼女も元気にお腹の中で動き回っています。

3ヶ月って長いようで短いですね。この間、ボヘッとしてたのは結構束の間でして、かなりアクティブに動き回っていました。妊婦とは思えないくらいのフットワークで周囲からはちょっと心配されるくらいでもあったんですが、おかげさまでいつもと変わらぬ生活が反対に自分には良かったと思います。妊娠生活もつわりも食べ物の好みが変わる事さへなく、時には自分が妊娠してるのを忘れるくらい。(笑)もちろん、好きなお酒やカフェインにチーズはちゃんと止めてましたけどね。それらが解禁になるのが待ち遠しいです。あっ、もう今では忘れそうですが6月末には引越もしました。
f0102814_1125175.jpg
 (ロスコーの新しい寝床スペース)
新居っていっても新築ではなく、シカゴによくある古いブリックのビルですけどね。旦那様Dがもう随分前から所有するところなので、気兼ねなく生活が遅れます。(大家さんの目を気にしなくっていいですからねぇ。笑)ベースメントを日本人の男の子が借りてくれていて、1階はここ3年以上も住んでくれているとってもナイスなアメリカ人男性が住んでおり、私達が2階に越して来ました。ゆくゆくは3階の天井部屋と2階とをディープレックスにしてリフォームするのがDの夢。裏庭も前の家よりも心持ち広いのでロスコーもとってもお気に入り。1階の住人さんもレッドボーンクーンハウンドという種類の大きな赤茶色の可愛いメスの犬を飼っており、ロスコーとも大の仲好し。ロスコーにとってもとっても快適なお家となっています。裏庭菜園も大収穫期を向かえ、トマト(イエローやらチェリー、ビーフなど種類も豊富)やグリーンビーンズにキュウリなんかも採れて我家の食卓を彩ってくれます。例年通りお庭でBBQがだ〜い好きなD、今年も住人達やらお友達を招いては趣向をこらしたクックアウトが繰り広げられてます。

お祝い事もありましたよぉ。8月12日は私達の3度目の結婚記念日。もう4年目に突入だなんて。。。早い!そして17日はDのお誕生日。週末はDの高校時代からの仲好しがサウスキャロライナから遊びに来ており、Dにとってはそれがとっても嬉しいギフトとなりました。一緒に観光したり、ちょうどシカゴはウォーター&エアーショウなんかもあったんでお友達も楽しんでくれたようでした。

今週末には近所でBucktowon Art Festivalが開かれます。もちろん犬もOKなので家族揃って遊びに行く予定。なーんて予定立ててたら、出産で病院だったりしてっ。(笑)それも良し、な今日この頃。またこのブログで色々ご報告したいと思います。懲りずに読んで下さいね〜。
f0102814_1135297.jpg
f0102814_1141266.jpg

[PR]



# by mlshappy | 2009-08-20 00:34 | Others

1日ドギーデイケア

f0102814_14373740.jpg
今日は母の日でしたね。今年も遠くに住む母にも義理の母にもお花を送るだけで済ませてしまいました。当然母の日は何時ものごとく、私は「送る人」だと思い込んでいた私に、突然、旦那様Dから鉢植えのチューリップをプレゼントされました。まだ赤ちゃん産まれてないけれど、「これから一生、ずぅっとお母さんだねぇ。初めての母の日おめでとう!」と言われ、思わず涙してしまいました。とっても気を良くした私、今夜は久々に手を掛けたディナー(長時間煮込んだトマトソースを使ったホームメードの手打ちパスタとポータベラマッシュルームのサラダ)を作りました。

先日の金曜日のことです。いつものように朝、ロスコーを裏庭に出していると何やらいつもに無く吠えているんで心配になって慌てて外に出ると、ロスコーのお友達(2匹)がちょうど裏道にいるではないですか。そのお友達の1匹のオーナーさん、私達とちょうど入れ違いに日本に帰国していてその間、別のお友達の所に預けられているのです。2匹を散歩させていた彼とは日本帰国中のお友達を介して会った事もあるのですが、我家の結構近くに住んでいるものの、私達の住まいがそこである事は全く知らなかったそうで、犬達がワーワーと騒ぎ出して、「何でぇ〜?」と思ってた所へ私が顔を出したようで。久々の再会で犬達は大喜び。

これから仕事に行かないといけない彼、ここ2週間程2匹いっぺんにお世話をするのは大変だったようなので、特に予定の無かった私がその日1日の面倒を見る事を買って出ました。それに余りにも3匹ともすごく嬉しそうに庭を駆け回ってたんですもの。

そこから3時間程、庭でも家の中でも3匹で走り回り、ついにちょっと電池切れ。とは言っても、ちょっと休憩したらまたエネルギーが戻ってまた追いかけっこです。さすがに午後3時頃には疲れてお昼寝タイムとなりました。その後お散歩に行くものの、笑っちゃうくらい3匹が別々の方向へ行こうとするんで今度は私がヘロヘロになりました。でもとっても可愛いの。

夜6時半頃にお迎えが来て、2匹は帰って行ってしまいました。その後のロスコー、面白いくらいヘタバってもう置物の様にソファーでぐったり。夜9時頃には就寝、そして翌朝も9時頃まで爆睡でした。いつもなら朝6時頃に起こされるのに。。。いっぺんに3匹を見るのは大変だけど、とっても心癒される1日となりました。以下、それぞれにくつろぐ(へたばる)3匹。(笑)
f0102814_14484971.jpg
f0102814_14491126.jpg
f0102814_14492530.jpg

[PR]



# by mlshappy | 2009-05-10 23:51 | Roscoe (Dog)

久しぶりです

最後にアップしてから随分と時間が経ってしまいました。その間、無事に2週間の日本への帰国もして来ました。そして今、シカゴは春真っ盛りです。町中の至る所に花が咲乱れ、1年の内でもっともシカゴが輝く素晴らしい季節です。ここ数日は抜ける様な青空が広がる様な晴天ですが、夕方にはサンダーストームとちょっと夏の気配すら感じられます。でも長かった冬と完全にサヨナラですね。

さて、日本ではここ最近、「シカゴ」の名前がニュースに取り沙汰されているみたいですね。

さっき読んだYahoo!日本語版ニュースにもありましたが、邦人初の豚インフルエンザの患者さんがシカゴ在住のお子さんだったようで。10日程前にシカゴに戻って来たのですが、ローカルニュースではどこの学校が休校になったとか、それくらいの話題は毎日出ていたけど周囲ではさほど目立った事は無かったんですよね。ただシカゴのメキシカンの人口は高い方なので、カリフォルニアやらテキサスとかみたいに国境を挟んでお隣通しって事はないけど、なんとなくいつかは軽く感染して来るだろうとは思ってたんですけどね。

一方で日本の友人からは、「違うだろうけど。。。」と日本のニュースでやってた話を聞きました。どうやらこちらもシカゴ在住の女性の方で現在日本の群馬県を訪れている方がもしかすると感染しているかも、との内容だったそうで。その方、0歳の赤ちゃん連れなんだそうです。その友人、私が日本に一時帰国しているのを知っていて、おまけに姉とその家族の住む群馬に行ってたのもしってたので「もしや?」とは思ったけど、帰国した日程が違ったのと、赤ちゃんが既に産まれている状態で一緒に帰国だったんで、結局は違う人物だとわかって安心したわぁ、と連絡くれました。はい、ワタクシ、おかげさまでとっても元気にしております。(笑)

まぁ、どこに居ようと用心するに越した事はないですよね。特に、普通の風邪やインフルエンザのように外出先から戻ったらきちんと手を洗ったりうがいをすることで感染を防げるのであれば、気をつけてそれを実行するに越した事はありません。さすがに外出時にマスクする勇気はある意味、無いので私としてはやっぱり手洗いとうがいですね。みなさま、お気をつけ下さい!
[PR]



# by mlshappy | 2009-05-07 22:06 | Chicago

あれっ?! 冬に舞い戻り?

f0102814_1571361.jpg
3月も終わりに差し掛かった本日、シカゴはまた白銀の世界に舞い戻ってしまいました。(涙)

折角、我家の周りにも春の兆しがチラホラ見え始め、それをお伝えしようと思っていた矢先、昨日から急激に冷え込み、夜には冷たい雨、そして夜中〜朝に掛けては雪となりました。予報に雪って確かになってたけど、チラチラ舞う位かと勝手に思ってたんでこんなに積もるとビックリします。

さて、そんな冬日な今日は何もせずにお家でぬくぬくが一番なんですが、今日はお昼過ぎからお友達宅へ。近いんで天気が良かったら散歩がてら歩いて行く所ですが、雪なんで車かなぁ。。。引越祝いではないんだけれど、改装した上の階へ今住んでる下の階から移るお祝いをするそうで、チリを作ってお招き頂いてます。チリがとっても楽しみ〜。チリって私の中じゃあ冬メニューなんである意味今日のお天気はピッタリかしら。(苦笑)

昨日は午後からずっとお仕事(パートタイムでやっている)だった私。9時過ぎに家に戻ったら退屈で仕方が無い旦那様Dに迎えられました。偏頭痛がすると言うので疲れた体にムチ打ってマッサージをしてあげました。(たまには嫁の鏡にならないとねっ。爆)その後、既に気温も下がって寒かったのでお風呂も用意。Dはアメリカ人にしては珍しく、お風呂党なんです。もちろん毎日朝シャワーが基本ですが、週に1度はお風呂も入るんです。

しばらく前からずっと、そろそろロスコーのシャンプーをしなくてはと言っていた私に、何を思ったかロスコーと一緒にお風呂に入るという変な提案がDからでました。もちろん、人間の入るお湯の温度は犬には熱すぎるだろうから、Dが一旦普通にお風呂に入り、最後にぬるくなった時点でお湯を減らしロスコーもジョイン。赤ちゃんじゃないんだから、親子でお風呂ってのもねぇ。。。と思った私ですが、Dはかなりその気なんで、とりあえずロスコーも奇麗になるしでやらせました。(笑)

ちなみにいつもはロスコーはキッチンのシンクで洗うんですよね。浴槽だとスペースがありすぎて洗いにくいんです。アメリカでは多くの人が、赤ちゃんもシンクで入浴させるんですよ〜。最初は驚きました。

ロスコーを持ち上げた瞬間、「ひぇ〜」っとバタバタしてましたが、パパ(Dのこと)と一緒にお湯につかるとすっかりいい気分になったのか、逃げもせず嬉しそう。思わずお風呂のお湯を飲もうとするのを慌てて止め、シャンプータイム。日頃のキッチンでのシャンプーもさほど嫌がらないし、夏はミシガン湖でガツガツ泳いでいたから、お風呂はかなり平気なようでした。すっかり親子水入らずの時を過ごし、最後にシャワーですすぎ(勿論、その後Dももう一度シャワーで奇麗にして頂きましたよ〜。)、待ち受けていた私がドライヤーで軽くヘアーセット。(爆)すっかりフワフワでシャンプーのいい香りがする奇麗なワンコになってました。
f0102814_23758.jpg
f0102814_215880.jpg
ロスコーだけでなく、Dもすっかりこのバスタイムが気に入った様子。「州によっちゃあ、動物と風呂に入るのって、犯罪なのかなぁ。。。」ってぼやいてましたが、まぁ、大丈夫だろうと思いますが。衛生上の方が私としては気になるので、Dにはしっかりとシャワーを浴びてもらいましょう。つぅか、赤ちゃん産まれたら、自分の娘(もちろん、小さいうちだけ)や息子と嫌って言う程、親子風呂して頂きましょう!
[PR]



# by mlshappy | 2009-03-29 11:29 | Chicago

家庭崩壊の危機?

なーんて凄いタイトル付けてますが、そんなに大した事ではないんですけどね。(苦笑)

昨日のWBCの試合、なんか、スーッとしました。私はね。というか、『私だけ』ね。旦那様Dは勿論、かなり不服を申し立ててましたが。(苦笑)

国際カップルにありがちな、それぞれの祖国同士のスポーツでのぶつかり合い。我家では白熱しますね〜。特に夫婦揃って野球とフットボールが大好き。フットボールで米国と日本が対戦することは、まずなんけど、野球はね。前回大会であの後味のかなり悪い試合だったので、昨日の試合で3年越しの名誉挽回でした。日本代表の方々、ありがとうございました!そしてもちろん、今夜の韓国戦も頑張って下さい!

もちろん、Dは韓国に肩入れする理由もないんで、今日は日本チームのサポーターに鞍替えです。(よしよし、昨日の事は許そう。。。)ロスコー?!ジャックラッセルはイギリスの犬だから、国際試合はやっぱりイギリスのサポートなのでしょうか。。。?でも今日は、母の祖国、日本を一緒に応援しようね。そうそう、今夜は一家団欒で野球観戦だ〜!
[PR]



# by mlshappy | 2009-03-23 14:17 | Sports

春のお楽しみ

このところまた大量の雨が降り、至る所で洪水やら地下浸水がみられたシカゴです。今日は久々の青空が広がるものの、寒くて風が肌に刺さります。

さて、念願だった、日本への一時帰国が決まりました。(いえ〜い!古)

仕事をしていた時は休暇の都合やらでなかなか足が向かなかったのに、仕事を辞めてからも、やっぱり旦那様Dの予定やら自分の副業の予定やらなにやらでなかなか決められずにいました。が、年末から母がずっと入院している事もあり、母のお見舞い兼元気づけ(ちゃんと赤ちゃんに元気に会ってもらわないとね)、そして一人で頑張っている父への陣中見舞いをするため、一大発起でした。って、本当はそんな大した事じゃないんだけど、何故かいつも日本帰国の予定って決め切れないんですよね。

前回の帰国が2007年の10月なので1年半振り。本当はサクッと一人で帰ろうかと思ってたんですけど、いざ、私が行くと決めるとDもやっぱり「僕も行きたい」となり、結局は二人一緒です。(笑)まぁ、あまり重い荷物を持たない方がいいのでDが居る方が助かるし安心かな。

二人して呑気に貯まったマイレージで適当に予約しよう〜、って軽く考えてたら、やっぱり春、日本はとてもいい季節だからどの日も既に一杯かシカゴとの直行便はなく、西側経由しかない!おまけに4月末から5月初旬て、浦島太郎状態な私がすっかり忘れていたゴールデンウィークだしね。取れる分けないし、その頃に行った所で行楽地は混むし、余分なお休み料金取られるだろうし。。。で、珍しく日系旅行会社数社へ問い合わせしたところ、4月中であれば以外にも安い料金があるではないですか!それも米系だけでなく、JALでもさほど変わらぬ金額なんです。(ちなみにANAの方が個人的には好みなんですが、$100以上も高いんですよねぇ。何故か。)

ちょうど2週間という短い旅行ですが、両親の居る兵庫県、姉とその家族が住む群馬県(温泉♪温泉♪ってか、私、入れないんだっけ?!一番それを楽しみにしているのはDですが。)を中心に訪ねる予定です。後は飛行機がシカゴー成田なんで東京にも少しだけ寄ろうか、お友達に会いに他の県にも行こうか、と未だそこ迄は決め切れずです。

私の楽しみは家族に会う事以外だと何と行っても美味しい食べ物。コンビニだって立派なグルメであれもこれも食べたいし買って戻ってきたいんです。今から、「ああ、彼処の何々を食べよう!」と考えるだけでお腹が鳴ってしまいそうです。日本が3度目となるDももちろん食べ物も楽しみだけど、大好きな温泉やらまだ行けていない観光名所、初の日本のプロ野球観戦などとても楽しみなようです。

とまぁ、かなり浮き足立っている私達ですが、目下の心配事は、初めて2週間も置いて行かなければならないロスコーの事。ロスコーが我家に来て1年半近くなりますが、3日以上置いて行った事がないんです。今の所、親切な友達が面倒を買って出てくれているのでお言葉に甘えてお願いしてあるのですが、やっぱり心配で。そのお友達宅って前にこのブログでも紹介した彼のパートナーがインテリアデザイナーでとっても素敵なお宅なんで、そんな所でロスコーが何か齧ったり壊したり粗相したり。。。って思ったら、ひぇ〜。慣れないお宅だからロスコーも可哀想だし。我家で私だったら朝4時半とかに起こされてトイレへ行かせたりするのも仕方ないと思えるけど、他人様には申し訳ないし。いっその事、ペットホテルやらご近所さん(上の階の住人さん)が使っているドッグウォーカー兼ボーディングもする方(ロスコーも毎日顔を合わせて遊んでもらってるんで)に預ける方が良いのかなぁと思い悩んでます。出発まで1ヶ月あるので本犬とも相談して?決めましょう。

あー、それにしても楽しみ楽しみ。日本の春って6年ぶりです!
[PR]



# by mlshappy | 2009-03-11 10:42 | Travel

我家のぼやき(旦那様D編)

f0102814_1414517.jpg
f0102814_1431886.jpg
ロスコーの気持ちよさそぉーな写真でしたが、これ、去年の4月末頃。ポカポカと温かくなるのは未だ未だ先なシカゴです。

前回のぼやきの件、たくさんのお友達から小梅ちゃんを頂いてしまいました。シカゴに住むお友達がチャイナタウンで見つけてきてくれたり、日本からもわざわざ送って頂いたり。感謝感激です。今では手元に数袋蓄えがあるので、日々、欲張らずにちょっとずつ楽しませて頂いています。本当にありがとうございました。

さて、今日はDのぼやき。このブログ、タイムリーにアップしてないんでこの話は10日程前の事なんですけどね。

お友達とランチをしに行こうと車で運転してた時にDからの電話、とってもアップセット(慌ててる、怒っているような状態)して電話して来ました。D曰く、路駐してあった自分の車にチケットが切られていたんだけど、そのチケットの違反理由というのが、セキュリティーシステムが無意味に鳴りすぎていたから、というものなんです。更にDによると、Dの車の1台後ろの同じく黒い車にも同じ理由のチケットが乗っかっていたそうで。

我家、車が私のとDのとで2台あるんですが、私のを自宅裏のパーキングに停めてあり、もう1台のDの車を路駐にしてあるんです。当然、路駐と言っても、道路清掃の時やら特定の停めちゃ行けないイベントがあるとき以外は駐車してもOKな所です。住宅街のところなんでその辺の住人さん達がかなり停めているような所です。

笑っちゃうのは、Dの車古いんで('98年製)当然、セキュリティーシステムなんて搭載されてないし、ボロ車だからわざわざ取り付けてもいないんです。なのに、システムがうるさくてチケットきられるなんて。。。なんとも、運悪過ぎ。

とりあえず怒るDを電話越しになだめ、後ろの車の写真を取っておき、支払いをしないと抗議するしかないよとだけ伝え電話を切りました。このところ、シカゴ市内の交通規制がひどく厳しくなってるんですよねぇ。貴重な市の財源として、かなり厳しくそして違反に対する支払額も恐ろしく高騰してて。市内の至る所にカメラが取り付けられていて、黄色から赤信号になって交差点を通過すると、凄いフラッシュで写真をとられ、後日車のライセンスプレートから判明したドライバーにチケットが郵送されてきたりします。

結局、頭に来たD、市の苦情処理みたいな所にまず電話をし、そこからシカゴ市警につないでもらい、ちょっと偉い人と話したそうで。セキュリティーが付いてないのに、それに対してのチケットはおかしい、と猛抗議したところ、チケットにあった担当のポリスにその偉い人から連絡をしてもらい、間違いだった事を確認し、Dの所に「申し訳ない」と連絡があったそう。当然、切られたチケットも無罪放免。

多分、ビービーと夜中じゅうなりっぱなしだったセキュリティーに嫌気がさした近所の人が苦情の電話を警察署にし、見回りにポリスが来たものの、到着寺にはなっておらず、通報した人が示した辺りにあった2台の黒い車にとりあえず、両方ともチケットを切った、ってな筋書きだったんでしょうね。それにしても、それくらい、ちゃんと確認してからチケット切れってねぇ!素晴らしいポリスも大勢いるのはよく知ってるけど、横着なのは困ります。迷惑ですよねぇ。

というのが、先日の旦那様Dのぼやきでした。
[PR]



# by mlshappy | 2009-03-09 22:59 | Chicago

我家のぼやき(ワタシ編)

弥生の3月。初日はハラハラと舞う雪で幕開け。本当ならチューリップやヒヤシンスなんかのお花が咲乱れ、なんてのが理想だけど。シカゴじゃあ、無理無理。(苦笑)

まずは私のぼやきから。かなりくだらない、妊婦の戯言だと思って下さい。昨日土曜日、数ヶ月振りにシカゴ郊外にある某日系スーパーに旦那様Dと一緒に行ってきました。家からだと車で30分以上掛かるのでよっぽどの事が無いと行かないこのスーパーに行こうと思い立ったのは、妊婦特有のクレービング(特定の食べ物が食べたくて仕方なくなること)のせい。つわりは全く無い私、特に食べ物の臭いでダメなものも特になく、とてもラッキー。でも唯一、あっさりしたものやら酸っぱいもの、冷たい甘いもの、なんかが欲しくなるんです。

それでもどうにか普通のローカルのスーパーで売ってるフルーツやらゼリー、レモンやら多種多様のビネガーを利用して食事にデザートを上手く切り抜けてたんですけど、このところ夢にまで出てくる食べ物が。。。それは、ロッテの「小梅」キャンディー。(笑)いえね、昔から好きなんです。子供のときだって遠足には必ず持って行ってたし、大人になっても気が付くと買ってたんです。

そう、「小梅ちゃん」(ちなみに私、関西人でして、関西では飴類は「あめちゃん」と「ちゃん付け」なんで、「小梅」も私には「小梅ちゃん」なんです。)の為にDを伴って車を走らせたのに。。。

無かったんです。ここには以前は売っていたのに。。。昨今の日本食ブームやら若い子達の間の日本のお菓子ブームで取り扱いキャンディーの種類は激増しているのに、あの定番「小梅ちゃん」を無くすとは。。。かなりショックだったんですけど、Dには平静を装い、「どうしても欲しかった物があったんだけど、無いみたいだからこの近くにあるもう1件の日本食材屋へ行くね。」と半ば強制的にハシゴ。

こっちの小さい方の店でも以前、買った経験ありだったので、さすがに2件目にはあるだろうと期待が高まってたのに、なのに、何故かそっちにも無かったんです。お店のオドオドしてるバイトの若い男の子に「小梅は無いの?」と詰め寄ってしまった怖そうなオバさんは、私です。

諦めきれない気持ちと私の欲は満たされず。。。結局は少しの食材と梅干以外はDの好きな物(日本製のラーメンやら日本酒)を買っただけ。美味しい日本酒が買えたDだけがルンルンとしながらの帰路。

一体、シカゴ(シカゴ郊外)の何処へ行ったら愛しの「小梅ちゃん」と再会出来るのでしょうか?かなり切実な思いと化してます。(ちなみに韓国系のグローサリーには無いのも確認済みです。)
[PR]



# by mlshappy | 2009-03-01 00:06 | Chicago

気がつけばアメリカ生活も10年近くになりました。その大半を過ごしているシカゴ。シカゴってとっても素敵な街なんです。そのシカゴでの結婚、赤ちゃんや犬、お友達との生活を綴ります。
by mlshappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

ありました〜!!抹茶アイ..
from ただ今ウィスコンシン在中です。
レンタカー
from ただ今ウィスコンシン在中です。
うちのキッチンにいる豚 ..
from バリ島生活を夢見て・・・☆ ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧